「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【耐雪梅花麗】今だからこそ黒田博樹の球歴を振り返る

2017 8/17 16:20cut
野球 ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

西浦多克拓選手とライバルだった上宮高校時代?専修大学時代

黒田博樹選手はもとプロ野球選手でもあり高橋ユニオンズでもプレーした黒田一博氏の次男として生まれ中学生の頃から父一博さんの設立したボーイズリーグ「オール住之江」でプレーしていた。その後、大阪の名門校である上宮高校に進学し甲子園を目指す。しかし、エースになることはできず三番手投手として引退する。当時のチームメートには西浦克拓選手(元日本ハム)がおり二番手の座を争っている。

上宮高校時代は無名の投手だった黒田博樹選手は専修大学へ進学するが当初は地元である関西の甲南大学へ進学を考えていた。これは父である一博さんの後押しがありセレクションを受けてみたら合格したのだ。当時の専修大学は東都大学野球連盟の二部ではあったが31回の優勝を誇る名門校だった。

専修大学は黒田博樹選手が4年春のときに一部リーグへ昇格し春秋のリーグ戦で6勝を挙げる活躍を見せる。また、神宮球場のスピードガン表示で150キロを計測しプロからも注目を浴びる存在となったのだ。当時、東都のライバル校では青山学院大学に井口資仁選手(ロッテ)、東洋大学に今岡誠選手(元阪神)が所属しておりその中での6勝をマークしたのだ。

1996年のドラフトにおいて逆指名2位で広島へ入団する。この年のドラフト1位は東都でしのぎを削ったライバルである青山学院大学の澤崎俊和選手だった。東都大学でのライバルがプロでは仲間になったのだ。

ドラフト2位からエースへ上り詰めた第一次広島時代

広島を逆指名しプロ入りを果たした黒田博樹選手は一年目からローテーションを守る活躍を見せ規定投球回に到達し6勝をマークする。初登板となった巨人戦では初登板、初先発、初完投、初勝利を記録している。この試合で黒田博樹選手は初三振を松井秀喜選手(元巨人)から奪っている。生涯に渡ってライバルとして黒田博樹選手が意識し続けた男との初勝負は黒田博樹選手に軍配が上がっていたのだ。

その後、徐々に才能が開花し本格的な先発投手として認められるようになったのは4年目となる2000年のことだ。2000年の黒田博樹選手はリーグ最多となる7完投を上げるなどルーキーイヤー以来の規定投球回に到達する。二桁勝利には惜しくも届かない9勝で終わるが将来のエース候補として期待がかけられる。2001年には12勝を挙げ初の二桁勝利にオールスター出場を果たした。

2001年は日本野球界にとっても大きな節目でイチロー選手が海を渡り新人王、MVPを獲得。メジャーリーグが日常になった年でもあった。このイチロー選手の挑戦があり2003年の松井秀喜選手へと日本人打者の系譜は続いていくのだ。

黒田博樹選手は2002年以降も広島でエースとして君臨し2006年にFA権を取得する。この時点で黒田博樹選手は「国内なら広島」と語り移籍するとしてもメジャーリーグのみとファンに向けても宣言した。黒田博樹選手はこのオフ悩み抜いた結果、2007年も広島でプレーすることを選んだのだ。そして、翌2007年のオフにメジャーリーグ移籍を決断しFA宣言を行う。

FA宣言をした黒田博樹選手は3年契約でロサンゼルス・ドジャースと契約し赤から青のユニフォームで戦うことになったのだ。この時の契約は3年3530万ドルとなっている。

おすすめの記事