「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

4球団競合の隅田知一郎「10勝したい」西武待望の先発左腕に名乗り

2021 10/14 15:47SPAIA編集部
西日本工大の隅田知一郎投手と西武の渡辺久信GM,西武ライオンズ提供
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武ライオンズ提供

西日本工大で渡辺久信GMら指名挨拶

プロ野球ドラフト会議で西武から1位指名を受けた西日本工大の隅田知一郎投手が14日、福岡県の同大で渡辺久信GMらの指名挨拶を受けた。

ドラフトでヤクルト、巨人、広島と4球団競合した即戦力左腕。波佐見高(長崎)時代は3年夏の甲子園に出場し、初戦で彦根東(滋賀)に敗れたが、大学時代はリーグ通算14勝をマークした。最速150キロのストレートとカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップなど変化球も多彩だ。

隅田は「今日あらためて、スタートラインに立ったのだと実感しました。ただ、本当の勝負はこれからですし、頑張らなければいけないとも思いました。挨拶の場で、今年の選手の中では一番の評価だったとの言葉をいただき、うれしかったです」と胸中を吐露。

4球団競合には「きっとライオンズの単独指名だろうな、と思って臨んでいましたので、指名の重複には驚きました。でもライオンズの単独指名をイメージしていたので、実際にライオンズがくじを当ててくださった瞬間は本当にうれしかったです」と心は早くも西武の一員だ。

1年目の目標には2桁勝利を掲げる。「1年間先発ローテーションに入って、できれば10勝したいです。そのためには今の自分では実力が足りないと思うので、しっかり練習していきます」と地に足がついている。

「そしていずれは日本代表として日の丸を背負って戦ってみたいです」と大きな夢も明かした隅田。チームは髙橋光成や今井達也、松本航ら先発右腕は充実しているものの、左腕は不足しているだけに1年目から活躍の場は多そうだ。

【関連記事】
ドラフト会議2021
ロッテのドラ1・松川虎生を井口資仁監督が絶賛「黄金時代を担う存在」
松坂大輔に3球団競合した1998年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?

おすすめの記事