「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックス・山本由伸と楽天・則本昂大が本格派右腕対決!

2021 4/28 06:00SPAIA編集部
予告先発インフォグラフィックⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

山本由伸は昨季の楽天戦2勝0敗

予告先発インフォグラフィックⒸSPAIA


今や球界を代表する右腕の一人となったオリックス・山本由伸が28日の楽天戦(京セラドーム)に先発する。

8回2失点で121球を投げて3勝目を挙げた前回21日の西武戦から中6日のローテーション。今季はソフトバンクと西武相手に2試合ずつとロッテ戦1試合に登板しており、楽天戦は初登板だ。

昨季の楽天戦は2勝0敗、防御率2.17と好相性。10.86と高い奪三振率をマークし、被本塁打も浅村栄斗に浴びた1本だけだった。島内宏明に12打数6安打、小深田大翔に9打数4安打と打たれたが、浅村栄斗は11打数3安打、鈴木大地は14打数1安打、辰己涼介は8打数無安打と抑えただけに、やりにくさはないかも知れない。

今季ここまで5試合に先発して3勝2敗、防御率1.73をマークしている背番号18。なかなかBクラスから浮上できないチームにおいて、エースの投げる試合は落とせない。

則本昂大は昨季モヤに3発被弾

対する楽天の先発は則本昂大。今季は4試合に先発して2勝1敗、防御率2.81だ。

今季初対戦のオリックスとは、昨季1勝2敗、防御率4.75と相性が悪い。スティーブン・モヤに3発、T-岡田に1発、計4本塁打を浴びている。モヤ、T-岡田ともに調子を上げているだけに注意が必要だろう。

優勝を狙う上で下位に取りこぼさないことは条件のひとつ。山本由伸相手に大量点は期待できないだけに、「本格派右腕対決」となる今日28日の試合は我慢比べに持ち込みたい。

【関連記事】
プロ野球 AI勝敗予想
難攻不落のオリックス・山本由伸を攻略するための狙い球3球種
オリックスの歴代新人王一覧、19歳・宮城大弥は40キロ緩急で10人目狙う

おすすめの記事