「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

減る一方のPL学園出身プロ野球選手、消えゆく「永遠の学園」

2020 12/23 06:00SPAIA編集部
ツインズの前田健太Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

43歳のレジェンド福留孝介

PL学園の硬式野球部が2016年夏の大阪大会を最後に休部となってから4年が過ぎた。かつては一大勢力を誇っていたプロ野球界でも年々OBが減少している。

2020年に現役でプレーした選手は日米合わせてもわずか5人。まずは野手から見ていこう。

PL学園出身の2020年現役野手通算成績


最年長は43歳の福留孝介。PL出身選手の中でも、レジェンドと呼ぶに十分な実績を残してきた。

高校時代は2年春と3年春夏の3度、甲子園に出場。2年生時の1994年センバツではベスト4進出に貢献し、翌1995年センバツでは初戦で銚子商に敗れたものの、バックスクリーンに放り込んで度肝を抜いた。

最後の夏は大阪大会で7本塁打を放って優勝。「大会屈指のスラッガー」として迎えた夏の甲子園1回戦、北海道工戦では2打席連続本塁打を放った。準々決勝で敗れて全国制覇は果たせなかったが、聖地に強烈なインパクトを残した。

卒業後は近鉄のドラフト指名を拒否して日本生命に入社し、3年後に逆指名で中日入り。メジャーで5年、阪神では2013年から8年プレーした。

日米通算2407安打、323本塁打、1252打点、打率.282というとてつもない数字が並ぶ。今オフに自由契約となったが、14年ぶりの中日復帰が決まっている。

「最後のPL戦士」中川圭太

小窪哲也もプロで長くプレーした。PL学園時代は2003年夏の甲子園に出場。初戦で雪谷(東東京)を13-1で破り、2回戦で福井商に敗れたが、小窪は計8打数6安打をマークした。

青山学院大を経て広島入団し、2016年には選手会長としてリーグ優勝に貢献。通算705試合出場で打率.259、18本塁打、153打点の成績を残している。今オフに自由契約となり、現役続行を希望している。

吉川大幾はPL2年生時の2009年に春夏連続で甲子園出場。センバツでは初戦で秋山拓巳のいた西条(愛媛)を撃破。2回戦で南陽工(山口)に敗れた。同年夏は聖光学院(福島)を下して2回戦進出したが、県岐阜商に3-6で敗れた。PLはこの年以来、甲子園に出場していない。

吉川は翌2010年ドラフト2位で中日入りし、背番号3を背負った。しかし、4年で戦力外通告を受け、2014年オフに巨人入り。2017年には自己最多の97試合に出場したが、2020年オフに2度目の戦力外通告を受けた。

通算268試合出場で172打数31安打、打率.180の成績を残している。

「最後のPL戦士」と呼ばれるのが、オリックスの中川圭太だ。PL時代は3年夏に主将として2014年夏の大阪大会で決勝進出。全国制覇した大阪桐蔭に1-9で敗れ、甲子園出場はならなかった。

中川は東洋大を経て2018年ドラフト7位でオリックス入団。2年目の今季は4番も務めるなど、111試合に出場して打率.288の成績を残した。プロ2年で通算126安打、5本塁打、45打点をマークしており、3年目の来季はさらなる飛躍が期待される。

投手はツインズの前田健太のみ

投手でPL出身の現役選手はツインズの前田健太しか残っていない。

PL学園出身の2020年現役投手通算成績


PL時代は1年夏と3年春の2度、甲子園に出場。1年生時の2004年は、初戦の日大三高戦で先発したが5-8で敗れた。3年生時の2006年センバツでは、初戦の真岡工(栃木)戦で16三振を奪って完投勝利を収めるなどベスト4進出に貢献。同年ドラフト1位で広島入りした。

プロ入り後の活躍は説明の必要もないだろう。広島では2度の最多勝に輝き、2015年オフにポスティングシステムを利用してドジャース移籍。今季からツインズでプレーしている。

日米通算150勝103敗、防御率2.80。32歳という年齢的にも、200勝は十分に射程圏内だ。

現段階で2021年も現役続行が確実なのは、福留孝介、中川圭太、前田健太の3人のみ。校歌で「永遠(とわ)の学園」と謳われたPL学園出身の選手が減っていくのは寂しい限りだ。

【関連記事】
根尾、藤原、柿木、横川…大阪桐蔭「最強世代」のプロ2年間を回顧
横浜出身と東海大相模出身で現役プロ野球選手が多いのはどっちだ?
斎藤佑樹が現役続行、意外に少ない早稲田実出身の現役プロ野球選手

おすすめの記事