「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NPBとは事情が異なるMLBにおける大型トレード

2017 6/28 09:44cut
baseball,ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

MLBのトレード事情

MLBでは日本プロ野球に比べてトレードが頻繁に起き大物選手でも移籍は多く行われる。それは優勝を狙う時期、チームを再建する時期をはっきりと球団が定めているのが一つの理由だ。優勝をあきらめ戦力を整える時期になると高額年俸の主力選手を放出し、数年後の主力選手になるであろう若手選手を獲得するのだ。
特に、再建期のチームでFA前年との選手は放出されるケースが多くなっている。それはFAでチームを去られるよりもトレードで若手選手などを獲得することにメリットを感じているからだ。
MLBの移籍期限である7月31日に近づくにつれ多くの情報が飛び交いリポーター達は動きがあるとツイートで情報を発信する。これは日本でも増えてきてはいるがMLBではトレードなどのチーム情報はツイートが最新になることが多く記者、ジャーナリストは自分の個人アカウントで情報をつぶやくのだ。
MLBのトレードはスケールが大きいものが多く、三角トレードと呼ばれるような複数球団が絡むトレードであったり総勢10人以上がチームを移動することも珍しくない。
こういった大きな動きが頻繁に起こるのもMLBの楽しみの一つと言えそうだ。

ヨエニス・セスペデス選手が新人王へ!?

キューバから亡命しメジャーリーグの世界へと入ったヨエニス・セスペデス選手。オークランド・アスレチックス、ボストン・レッドソックス、デトロイト・タイガース、ニューヨーク・メッツへと渡り歩いている。その移籍の中でも大型トレードだったのがレッドソックスからタイガースへのトレードだろう。

【トレード内容】

レッドソックス→タイガース
・ヨエニス・セスペデス選手
・アレックス・ウィルソン選手
・ゲーブ・スパイアー選手

タイガース→レッドソックス
・リック・ポーセロ選手

このトレードではヨエニス・セスペデス選手という大砲とリック・ポーセロ選手というエース格の投手のトレードという形になった。ヨエニス・セスペデス選手はタイガースで一定の活躍を見せ、またオフにトレードでニューヨーク・メッツへと放出された。
その交換相手としてタイガースにやってきたのが2016年シーズンアメリカンリーグの新人王に輝いたマイケル・フルマー選手だ。タイガースはリック・ポーセロ選手の放出で新人王を獲得した形となった。
また、レッドソックスへやってきたリック・ポーセロ選手は2016年シーズンに22勝を挙げサイヤング賞を獲得し両チームとも成功したと言えるトレードになった。

【トレード内容】
タイガース→メッツ
・ヨエニス・セスペデス選手

メッツ→タイガース
・マイケル・フルマー選手
・ルイス・ケサ選手

おすすめの記事