「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NPBとは事情が異なるMLBにおける大型トレード

2017 6/28 09:44cut
baseball,ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕24時間前にトレード!?

2015年4月のMLB開幕当日に衝撃的なトレードが飛び込んできた。アトランタ・ブレーブスの守護神でありチームの顔でもあったクレイグ・キンブレル選手がトレードでサンディエゴ・パドレスへと移籍したのだ。MLBでは主力選手のトレードは珍しくないが、開幕当日にトレードされるというのは驚きで全米でも話題となった。

【トレード内容】
ブレーブス→パドレス
・クレイグ・キンブレル選手
・メルビン・アップトン・ジュニア選手

パドレス→ブレーブス
・マット・ウィスラー選手
・カルロス・クエンティン選手
・キャメロン・メイビン選手
・ジョーダン・バロウベック選手
・ドラフト1巡目・全体41位指名権

クレイグ・キンブレル選手と同じくブレーブスからパドレスへと移籍したメルビン・アップトン・ジュニア選手は弟のジャスティン・アップトン選手と再び同じチームとなった。また、パドレスからブレーブスにはドラフト指名権の譲渡も行われている。
メジャーリーグを始めとしたアメリカのスポーツでは、ドラフト指名権の譲渡もトレードで行われることがあるのだ。

5人対7人の超大型トレード!

2012年シーズンオフにマイアミ・マーリンズとトロント・ブルージェイズの間で5人対7人という超大型トレードが敢行された。
その中には主力選手も含まれており12年連続二桁勝利、200投球回を達成していたマーク・バーリー選手、首位打者獲得経験もあるホセ・レイエス選手らがマーリンズからブルージェイズへと移籍している。マーリンズからブルージェイズへ移籍した選手は高額年俸選手が多くチームの主力でもあったためにファンからは非難も浴びていた。
しかし、トレードで獲得した選手達が2017年にレギュラークラスとして活躍しており、正解か不正解かは判断が分かれるところだろう。このトレードはトレードの善し悪しは数年後に結果が出ると言える例でもある。

【トレード内容】
ブルージェイズ→マーリンズ
・ユネル・エスコバー選手
・アデイニー・エチェバリア選手
・ヘンダーソン・アルバレス選手
・ジェフ・マシス選手
・ジェイク・マリスニック選手
・ジャスティン・ニコリーノ選手
・アンソニー・デスクラファニー選手

マーリンズ→ブルージェイズ
・ジョシュ・ジョンソン選手
・マーク・バーリー選手
・ホセ・レイエス選手
・ジョン・バック選手
・エミリオ・ボニファシオ選手

おすすめの記事