「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

MLBを知ろう!ニューヨーク・メッツの永久欠番はいくつある?

2017 6/13 12:41cut
メッツ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by littleny / Shutterstock.com

全米一の人気球団でもあるニューヨーク・ヤンキースと同地区にあるニューヨーク・メッツ。 そのため、比較対象になることも多いメッツの永久欠番を紹介する。

ニューヨーク・メッツってどんなチーム?

ナショナルリーグ東地区に所属するニューヨーク・メッツは、1962年に創設されたチームだ。同じニューヨークにはヤンキースがあり、両チームの対戦はサブウェイシリーズと呼ばれている。
メッツは2016年シーズン終了時点で2度のワールドシリーズ制覇を経験。1969年の初優勝時は、それまでの弱小球団が優勝したことにより「ミラクルメッツ」と称された。過去に日本人選手の野茂英雄選手、新庄剛志選手、松井稼頭央選手らが在籍している。

ニューヨーク・メッツの永久欠番は5名

2017年開幕前の時点でメッツの永久欠番は「14」「31」「37」「41」「42」の5つだ。「42」はMLB全球団で永久欠番となっているジャッキー・ロビンソン選手の背番号であるため、メッツ独自での永久欠番は4つとなる。
また、番号が制定されているわけではないが、ウイリアムセ・シェイ弁護士を永久欠番と同等に扱っている。シェイ弁護士はメッツを創設することに奔走した人物で、スタジアム名にもなっている。

おすすめの記事