ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの永久欠番はいくつある?|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの永久欠番はいくつある?


エンゼルス,選手

Photo by Bill Florence / Shutterstock.com

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムは、通称ロサンゼルス・エンゼルスと呼ばれ、赤がチームカラーとなっている。 かつて日本人選手では長谷川滋利選手、松井秀喜選手、高橋尚成選手らが在籍していた。 そんなエンゼルスの永久欠番を紹介する。

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムってどんなチーム?

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムは、アメリカンリーグ西地区に所属している1961年創設のチームだ。イチロー選手が長きにわたり在籍したシアトル・マリナーズと同地区ということもあり、日本で目にする機会も多くなっている。
2002年に初めてワールドチャンピオンに輝き、その後も2004年から6年連続で地区優勝を果たした。近年では2014年にも地区優勝を果たしているが、リーグ優勝はできず、ワールドシリーズ進出はならなかった。 メジャーリーグの顔となっているマイク・トラウト選手の在籍中に2度目のワールドチャンピオンを目指す。

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの永久欠番は6名

2017年開幕前の時点でロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの永久欠番は「11」「26」「29」「30」「42」「50」の6つだ。「42」は、MLB全球団で永久欠番となっているジャッキー・ロビンソン選手の背番号であるため、エンゼルス独自での永久欠番は5つとなる。
そのうち「26」は選手や監督、コーチではなく初代オーナーであるジーン・オートリー氏の番号だ。ジーン・オートリー氏はカウボーイ俳優として活躍していた名優でもあり、エンゼルスの発展に尽力したが、存命中にワールドチャンピオンになることはできなかった。

「29」ロッド・カルー選手

エンゼルスの背番号「29」はロッド・カルー選手の永久欠番として制定されている。カルー選手はパナマ出身の名選手だった。ミネソタ・ツインズで1967年にメジャーデビューし、1979年にエンゼルスへと移籍してきた。
ツインズ時代には7度の首位打者を獲得するなど「安打製造機」として親しまれていたカルー選手。エンゼルスに移籍後はタイトルの獲得こそなかったが、6年連続でオールスターゲームに出場する活躍を見せている。また、現役引退年となる1985年にはエンゼルスで3000本安打を達成した。

「30」ノーラン・ライアン選手

エンゼルスの背番号「30」はノーラン・ライアン選手の背番号として永久欠番に制定されている。現役引退前の1992年に制定されたのは異例のことだった。
ライアン選手は「ライアン・エクスプレス」と称され、通算324勝、5714奪三振をマークした大投手だ。エンゼルスには1972年から1979年までの8年間在籍して138勝を挙げている。これはライアン選手が在籍した4チームの中で最も多い勝ち星だ。また、1973年にマークしたシーズン383奪三振は、現在もメジャーリーグ記録となっている。

今後、エンゼルスで永久欠番になりそうなのは?

今後、エンゼルスで永久欠番となりそうなのは、アルバート・プホルス選手の「5」だろうか。
プホルス選手は2001年にセントルイス・カージナルスでメジャーデビューを果たし、10年連続3割30本塁打100打点をマーク。2012年にエンゼルスへ移籍した。その後も、2016年までの5シーズンで146本塁打を放つなどチームの顔として活躍している。
エンゼルスで通算3000本安打を達成することは間違いないとみられ、野球殿堂入りも確実だ。そんな大打者のプホルス選手は、引退と同時に永久欠番となることが濃厚だ。

まとめ

プホルス選手、トラウト選手という新旧のMLBを代表する選手が揃っているエンゼルス。 両選手が在籍している期間中に2002年以来のワールドチャンピオンになりたいところだ。 プホルス選手が力の衰えていない2017年シーズンに期待がかかる。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

4/24 12:35更新

パ・リーグ

4/24 12:35更新

交流戦

オールスター

クライマックスシリーズ

日本シリーズ

4/24 12:35更新

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!