「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの永久欠番はいくつある?

2017 6/13 12:41cut
エンゼルス,選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Bill Florence / Shutterstock.com

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムは、通称ロサンゼルス・エンゼルスと呼ばれ、赤がチームカラーとなっている。 かつて日本人選手では長谷川滋利選手、松井秀喜選手、高橋尚成選手らが在籍していた。 そんなエンゼルスの永久欠番を紹介する。

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムってどんなチーム?

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムは、アメリカンリーグ西地区に所属している1961年創設のチームだ。イチロー選手が長きにわたり在籍したシアトル・マリナーズと同地区ということもあり、日本で目にする機会も多くなっている。
2002年に初めてワールドチャンピオンに輝き、その後も2004年から6年連続で地区優勝を果たした。近年では2014年にも地区優勝を果たしているが、リーグ優勝はできず、ワールドシリーズ進出はならなかった。 メジャーリーグの顔となっているマイク・トラウト選手の在籍中に2度目のワールドチャンピオンを目指す。

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの永久欠番は6名

2017年開幕前の時点でロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの永久欠番は「11」「26」「29」「30」「42」「50」の6つだ。「42」は、MLB全球団で永久欠番となっているジャッキー・ロビンソン選手の背番号であるため、エンゼルス独自での永久欠番は5つとなる。
そのうち「26」は選手や監督、コーチではなく初代オーナーであるジーン・オートリー氏の番号だ。ジーン・オートリー氏はカウボーイ俳優として活躍していた名優でもあり、エンゼルスの発展に尽力したが、存命中にワールドチャンピオンになることはできなかった。

おすすめの記事