「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【飛騨美濃の精神】岐阜県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
高校生,練習
このエントリーをはてなブックマークに追加

安定好成績の強豪校 岐阜市立岐阜商業高等学SP-1606-070校

通称は「市岐商」であり、県岐阜商と同校は全く別の高校だ。多くの部活動がインターハイ、国民体育大会などの全国大会に出場し活躍している。なかでも野球部は岐阜県内でも伝統校と呼ばれており、1976年、1991年、1903年と過去3回に渡って、夏の甲子園に出場を果たしている。
最近の実績としては、平成23年度秋季岐阜県高校野球大会で37年ぶり2回目の優勝、平成25年度第95回全国高校野球選手権岐阜大会でも準優勝している。

東濃地区の強豪校 岐阜県立土岐商業高等学校

1977年、2005年、2010年と甲子園に3度の出場を果たし、2013年には甲子園で初勝利を挙げた土岐商野球部は、シンプルでいて冷静で堅実、戦略的なプレーが持ち味のチームだ。昭和時代には、野球ファンなら知る人ぞ知る和田選手が在籍していた長年のライバル校でもあった県立岐阜商業との公式戦で、服部監督率いる土岐商野球部が勝利をつかんでいる。
番狂わせが起こったのは2015年だ。地区大会優勝候補だった土岐商が羽島北に逆転負けし、早くも姿を消すという結果となったのだ。この悔しさを胸に、夏の大会では頂点を目指してほしい。

おすすめの記事