「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園でノーヒットノーランを達成した名投手たち

2017 8/25 10:07Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界のホームラン王が高校時代に達成したノーヒットノーラン

その40年代もしばらくは記録が出ていなかったが、50年代になると再び名投手たちが続々と記録を達成していく。

1951年春:野武貞次 兵庫 兵庫県立鳴尾高校
1951年夏:服部茂次 埼玉 埼玉県立熊谷高校
1955年春:今泉喜一郎 群馬 群馬県立桐生高校
1957年夏:清沢忠彦 岐阜 岐阜県立岐阜商業高校
1957年夏:王貞治 東京 早稲田実業高校
1958年夏:森光正吉 高知 高知市立高知商業高校

やはり王貞治さんの名前がとりわけ目立つ。早稲田実業高校のエースとして出場すると、2回戦の大阪府立寝屋川高校相手に、ノーヒットノーランを達成した。「世界の本塁打王」として知られる王さんであるが、当時は左の本格派投手であり、1957年に2年生エースとして春の選抜で優勝、そして夏の甲子園ノーヒットノーランを達成した。力のあるストレートに、時折見せるカーブで、相手打線を翻弄していった。

しかもこのときは延長11回を1-0で勝利しており、延長に入ってのノーヒットノーラン達成は未だこの試合以外では達成されていない。それだけ、相手投手の島崎武久さんも良い投手だったのだろう。実際に寝屋川高校と早稲田実業はこの年の春の選抜でも対戦しており、このときも早稲田実業を1点に抑えている。ちなみに打者としての王さんは2試合で合計7打数無安打に終わっている。

金属バット導入後は達成数が激減

その後60年代に2人、70年代に3人、80年代に3人、90年代に4人が記録を達成している。昔ほど記録が達せされないのは、1974年の春から金属バットが導入されたからだろう。これ以降、池田高校のやまびこ打線に代表されるように、打高の時代が長く続いたからだ。

1967年春:野上俊夫 和歌山 和歌山市立和歌山商業高校
1969年夏:降旗英行 長野 松商学園高校
1973年夏:有田二三男 大阪 北陽高校
1976年春:戸田秀明 茨城 茨城県立鉾田第一高校
1978年春:松本稔 群馬 群馬県立前橋高校 ※完全試合
1981年夏:工藤公康 愛知 名古屋電気高校(現:愛工大名電高校)
1982年夏:新谷博 佐賀 佐賀商業高校
1987年夏:芝草宇宙 東京 帝京高校
1991年春:和田友貴彦 大阪 大阪桐蔭高校
1994年春:中野真博 石川 金沢高校 ※完全試合
1998年夏:杉内俊哉 鹿児島 鹿児島実業高校
1998年夏:松坂大輔 神奈川 横浜高校
2004年春:ダルビッシュ有 宮城 東北高校

21世紀に入ってからは、ダルビッシュ選手1人しか達成していない。2009年春の選抜では、PL学園の中野隆之選手が9回まで無安打ピッチングを披露していたが、残念ながら打線の援護に恵まれず、延長10回表にヒットを許してしまい2失点。そのまま1-2で敗戦してしまった。このように非常に難しい記録であるが、それだけ貴重な記録であり、記憶にも残るものなのだ。
今後、どんな名投手たちがこの記録を達成してくれるのだろうか。

おすすめの記事