「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園でノーヒットノーランを達成した名投手たち

2017 8/25 10:07Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説となった夏の決勝でのノーヒットノーラン

高校野球でノーヒットノーランといえば、やはり松坂大輔選手(現:福岡ソフトバンクホークス)を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。横浜高校3年生だった1998年の夏の甲子園決勝、京都成章高校を相手にノーヒットノーランを達成し、見事に優勝を果たした。
この年の横浜高校は春の甲子園でも優勝したうえに、準々決勝のPL学園戦では延長17回3時間37分の死闘、続く明徳義塾戦でも熱戦を演じており、最高の形での春夏連覇となった。

また同じ年には、鹿児島実業高校のエースだった杉内俊哉選手も、ノーヒットノーランを達成している。1回戦の八戸工大一高との試合で、16奪三振の見事なピッチングであった。続く2回戦で横浜高校に敗れてしまったが、与えたインパクトは非常に大きかった。
後に杉内選手は、2012年にも交流戦中の楽天イーグルスとの試合でノーヒットノーランを達成しており、甲子園とプロと両方で記録を達成した唯一の選手となった。

最も近い記録は2004年、史上初の記録は1916年

春夏を通じて1番近いノーヒットノーランの達成は、2004年のダルビッシュ有選手(現:テキサス・レンジャース)である。
東北高校3年生だった春の選抜1回戦、熊本工業高校を相手に12奪三振の完璧なピッチングを見せた。最後の打者を打ち取ったときの笑顔が印象的であった。続く大阪桐蔭戦では直前に右肩を痛めてしまったこともあり、6回からは真壁賢守さんへと交代。この試合は辛くも3-2で勝利したが、3回戦の済美高校ではとうとう登板することができず、敗退してしまった。

反対にもっとも古いノーヒットノーランの記録は、1916年の松本終吉さんという方だ。
まだ今の高校が旧制中学だった時代、市岡中(現:大阪府立市岡高校)のエースとして出場した大会での準決勝、一関中(岩手 現:岩手県立一関第一高校)戦にて、この記録が達成された。この試合では松本さんのストレートが冴えにさえ、8奪三振の見事なピッチング。打線も後に野球殿堂入りを果たす田中勝雄さんが4安打、さらに打者としても4番を務める松本さんもタイムリーを放ち、8得点を挙げて快勝した。

市岡中の次の相手は鳥取中(現:鳥取県立鳥取西高校)。1回戦で和歌山中(現:和歌山県立桐蔭高校)に敗退したにもかかわらず、この1916年と翌年の大会のみに採用された「敗者復活制度」で戻ってきた学校だ。
この年の大会は敗者復活の他にも、初の外国人学生選手が出場したりと、さまざまなことがあった。ちなみに試合は延長10回の熱戦が繰り広げられ、5-4で市岡中が勝利している。

おすすめの記事