「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

過去何校あった?甲子園連覇を振り返る!

2017 8/3 12:07cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/Shutterstock.com

春夏連覇は大阪桐蔭高ら過去7校

プロ野球の世界では読売ジャイアンツが前人未踏の9連覇を達成するなど、数多くの連覇が成し遂げられている。アマチュア野球で最も人気があると言っても過言ではない、高校野球の世界でも春のセンバツ、夏の選手権を連覇した高校は存在する。高校野球の場合は一口に連覇と言っても春連覇、夏連覇、春夏連覇、夏春連覇と4種類の連覇があり、それぞれ意味合いが違う。ここで、甲子園における連覇の歴史を振り返ってみたい。
まずは、最もわかりやすい春夏連覇から見ていきたい。
同一年度に行われる春のセンバツ、夏の選手権を連覇することを春夏連覇と呼んでいる。唯一、世代が変わらない中での連覇となり2016年夏の選手権終了時点で7校が達成。近年では2012年にエース・藤浪晋太郎選手(現阪神)を擁し大阪桐蔭高が成し遂げたが、最もインパクトを与えたのは1998年の横浜高だろう。
エース松坂大輔選手(現ソフトバンク)、後藤武敏選手(現DeNA)、小池正晃選手(元DeNA)、小山良男選手(元中日)らを擁し春夏連覇を達成。決勝の京都成章高戦ではノーヒットノーランを記録。この世代は公式戦44連勝で無敗のまま引退する偉業を達成した。

【春夏連覇達成高】
1962年:作新学院高(栃木県)
1966年:中京商業高(愛知県)
1979年:箕島高(和歌山県)
1987年:PL学園高(大阪府)
1998年:横浜高(神奈川県)
2010年:興南高(沖縄県)
2012年:大阪桐蔭高(大阪府)
※2016年夏の選手権終了時点

最も困難?春のセンバツ連覇

最も連覇が困難となっているのは春のセンバツ連覇、通称「春連覇」だ。春のセンバツに出場するためには、夏の選手権終了後に新チーム結成直後に行われる、秋季大会で結果を残すことが求められる。新チームになったばかりということもあり、チーム力は高くなく、選手も1年生、2年生となり成長する前の段階だ。このような状況で秋に結果を残し、冬を越して全国の舞台で結果を残すのは容易ではない。また、連覇をするためには2世代連続で結果を残すことが必要だ。そのために、2017年春のセンバツ終了時点で2回の達成例のみとなっている。
直近の達成例は1981年、1982年のPL学園となり清原和博選手(元オリックス)、桑田真澄選手(元巨人)のKK時代よりも前の時代となる。35年以上も達成されていない春連覇。2018年春のセンバツで大阪桐蔭高が史上3校目の快挙に挑む。

【春連覇達成高】
1929年、1930年:第一神港商高(兵庫県)
1981年、1982年:PL学園高(大阪府)
※2016年夏の選手権終了時点

史上唯一の3連覇も達成された夏連覇

高校野球の集大成である夏の選手権を連覇した高校は、2016年夏の選手権終了時点で6校(3連覇含む)。そのうち5校は1940年代までに連覇を成し遂げており、近年では2004年、2005年の駒大苫小牧高の1校のみ。3連覇を目指した2006年夏の選手権は、田中将大選手(現ヤンキース)をエースとし決勝まで勝ち進んだものの、延長再試合において斎藤佑樹選手(現日本ハム)がエースだった早稲田実業の前に敗れ去った。
史上唯一となる夏3連覇を達成したのは1931年、1932年、1933年の中京商高だ。エースである吉田正男選手は甲子園最多の23勝(3敗)を記録するなど圧倒的な強さを誇っていた。このチームには吉田選手以外にもプロ入りをする野口明選手(元中日)、杉浦清選手(元中日)らがおり甲子園史上最強チームとの呼び声もあるほどだ。

【夏連覇達成高】
1921年、1922年:和歌山中(和歌山県)
1929年、1930年:広島商高(広島県)
1939年、1940年:海草中(和歌山県)
1947年、1948年:小倉中、小倉(福岡県)※校名変更
2004年、2005年:駒大苫小牧高(南北海道)

【夏3連覇達成校】
1931年、1932年、1933年:中京商高(愛知県)
※2016年夏の選手権終了時点

史上4校が達成している夏春連覇

夏の選手権を制し、新チーム結成後も勝利を重ねることが要求される夏春連覇。2017年春のセンバツ終了時点で4校が達成している。1960年、1961年に夏春連覇を達成した法政二高のエースは柴田勲選手(元巨人)だった。巨人一筋で現役を全うし、名球会入りも果たし「赤い手袋」の異名を持っていた柴田選手は甲子園優勝投手から、プロ入り後に野手へ転向しているのだ。
1982年、1983年の池田高の夏春連覇が直近となっており、30年以上も夏春連覇は達成されていない。当時の池田高校は「攻めだるま」こと蔦文也監督がチームを率いており、圧倒的な攻撃力を誇る「やまびこ打戦」で1980年代前半の高校野球を牽引してきた。
史上春の夏春夏3連覇を狙った1983年夏の選手権では準決勝でPL学園高に0-7で敗戦。PL学園高は1年生の桑田選手と清原選手が初めて甲子園に登場した年でもあり、池田高からPL学園高へと時代が移り変わった瞬間でもあった。

【夏春連覇達成校】
1930年、1931年:広島商高(広島県)
1937年、1938年:中京商高(愛知県)
1960年、1961年:法政二高(神奈川県)
1982年、1983年:池田高(徳島県)
※2016年夏の選手権終了時点

2017年夏の甲子園で連覇への挑戦権があるのは?

2017年夏の甲子園において連覇への挑戦権があるのは2校だ。その1校が2016年夏の甲子園で今井達也選手(現西武)を要し優勝を飾った作新学院高である。昨夏の選手権制覇から今井選手、入江大生選手(現明治大)らが抜けたものの大関秀太郎選手、鈴木萌斗選手、添田真聖選手を軸に秋季栃木県大会を制し関東大会へ駒を進める。関東大会でも危なげなく勝ち進み明治神宮大会、春のセンバツへ出場した。
春のセンバツでは秀岳館高に敗退し夏春連覇の夢は潰えた。しかし、世代が変わっても甲子園に出場する実力があることを見せ、夏へ向けて余念がない。春のセンバツ後に行われた春季関東大会でも、清宮幸太郎選手率いる早稲田実業に勝利するなどベスト4の実績を残しており、夏連覇への期待は膨らむ。
もう1校の連覇がかかる高校は、2017年春のセンバツで大阪府対決をものにした大阪桐蔭高だ。下級生に根尾昂選手ら注目選手が多い同校は2012年以来2度目の春夏連覇を狙う。中村剛也選手(西武)、中田翔選手(日本ハム)、浅村栄斗選手(西武)、森友哉選手(西武)ら多くのプロ野球選手を輩出した強豪校が、史上初の2度目の春夏連覇快挙に挑むことになる。

関連記事

おすすめの記事