「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

過去何校あった?甲子園連覇を振り返る!

2017 8/3 12:07cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/Shutterstock.com

春夏連覇は大阪桐蔭高ら過去7校

プロ野球の世界では読売ジャイアンツが前人未踏の9連覇を達成するなど、数多くの連覇が成し遂げられている。アマチュア野球で最も人気があると言っても過言ではない、高校野球の世界でも春のセンバツ、夏の選手権を連覇した高校は存在する。高校野球の場合は一口に連覇と言っても春連覇、夏連覇、春夏連覇、夏春連覇と4種類の連覇があり、それぞれ意味合いが違う。ここで、甲子園における連覇の歴史を振り返ってみたい。
まずは、最もわかりやすい春夏連覇から見ていきたい。
同一年度に行われる春のセンバツ、夏の選手権を連覇することを春夏連覇と呼んでいる。唯一、世代が変わらない中での連覇となり2016年夏の選手権終了時点で7校が達成。近年では2012年にエース・藤浪晋太郎選手(現阪神)を擁し大阪桐蔭高が成し遂げたが、最もインパクトを与えたのは1998年の横浜高だろう。
エース松坂大輔選手(現ソフトバンク)、後藤武敏選手(現DeNA)、小池正晃選手(元DeNA)、小山良男選手(元中日)らを擁し春夏連覇を達成。決勝の京都成章高戦ではノーヒットノーランを記録。この世代は公式戦44連勝で無敗のまま引退する偉業を達成した。

【春夏連覇達成高】
1962年:作新学院高(栃木県)
1966年:中京商業高(愛知県)
1979年:箕島高(和歌山県)
1987年:PL学園高(大阪府)
1998年:横浜高(神奈川県)
2010年:興南高(沖縄県)
2012年:大阪桐蔭高(大阪府)
※2016年夏の選手権終了時点

最も困難?春のセンバツ連覇

最も連覇が困難となっているのは春のセンバツ連覇、通称「春連覇」だ。春のセンバツに出場するためには、夏の選手権終了後に新チーム結成直後に行われる、秋季大会で結果を残すことが求められる。新チームになったばかりということもあり、チーム力は高くなく、選手も1年生、2年生となり成長する前の段階だ。このような状況で秋に結果を残し、冬を越して全国の舞台で結果を残すのは容易ではない。また、連覇をするためには2世代連続で結果を残すことが必要だ。そのために、2017年春のセンバツ終了時点で2回の達成例のみとなっている。
直近の達成例は1981年、1982年のPL学園となり清原和博選手(元オリックス)、桑田真澄選手(元巨人)のKK時代よりも前の時代となる。35年以上も達成されていない春連覇。2018年春のセンバツで大阪桐蔭高が史上3校目の快挙に挑む。

【春連覇達成高】
1929年、1930年:第一神港商高(兵庫県)
1981年、1982年:PL学園高(大阪府)
※2016年夏の選手権終了時点

おすすめの記事