「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ふさの国】千葉県の野球強豪校5選

2016 7/31 09:20
千葉県旗
このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県で有名な高校野球強豪校。各高校の経歴や野球の実績、また甲子園への出場回数なども解説しながら、強豪校として輩出した名選手達を紹介しよう。

全国屈指の大所帯!木更津総合高等学校

たくさんのコースが存在し、およそ1800人の生徒が通っている大所帯としても知られる木更津総合高等学校。元は木更津中央高等学校として開校したが、2003年に清和女子短期大学附属高等学校と合併し、現在の名称になった。野球部が力を付けたのはその合併以降で、2012年と2013年の夏の甲子園連続出場は、千葉県勢にとって久々の出場だった。
プロ野球選手も輩出しており、木更津中央時代は快速球で名を馳せた与田剛氏、合併後は横浜DeNAベイスターズの主戦投手である井納翔一投手が通っていた。

近年の強さは随一!専修大学松戸高等学校

2015年全国高等学校野球選手権大会千葉県大会の優勝校である専修大学松戸高等学は、前年度の2014年も準優勝を果たしており、確実に力をつけ成長してきた高校だ。
優勝した2015年は、エースで4番の原嵩投手(現千葉ロッテマリーンズ)と、主軸の渡邉大樹選手(現東京ヤクルトスワローズ)を中心に順調に予選を勝ち進み、2年連続の決勝進出を果たすと、習志野高校を決勝で破り、悲願の夏の甲子園初出場を叶えた。

おすすめの記事