「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

桐生高校野球部の歴史は高校野球の歴史!名監督が残した実績とは

2017 3/29 18:30Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

古くからの高校野球ファンにとって、群馬県の桐生高校は非常に懐かしい名前かと思う。 県内でも甲子園での実績、そしてプロ野球選手の輩出人数はトップクラスであり、一時代を築いた高校なのだ。 今回は桐生高校野球部の歴史を紹介しよう。

圏内でも屈指の実績を誇る桐生高校野球部

桐生高校は1917年に創設された。つまり2017年で100周年ということだ。野球部の方は1922年に創部され、翌23年の第9回大会から出場している。創部5年目の1927年には早くも甲子園に出場。以降、春の選抜には12度、夏の選手権大会には14度出場しており、合計26度という県内ではダントツの記録を残した(2位は桐生第一、高崎商の14回)。
特に春には強く、2度の準優勝も経験している。最後に甲子園に出場したのは1978年の夏のことで、もう40年近く聖地からは遠ざかっているが、高校野球の歴史を語る上では欠かせない存在だろう。

「桐生の父ちゃん」によって創設された野球部

桐生高校野球部の歴史を語る上で、最も重要な人物となるのが稲川東一郎さんだ。稲川さんは1905年生まれで、桐生高校がまだ旧制桐生中学校だった頃に入学した。5年生の時には自らの呼びかけによって硬式野球部を設立し、卒業後には野球部の監督に就任する。
つまり、桐生高校の野球部の歴史は、この人によって作り上げられたといっても過言ではないのだ。その功績からか、同校の関係者には「桐生の父ちゃん」の愛称で親しまれてきた。

おすすめの記事