「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福井県高校野球の先駆者敦賀高校野球部の歴史と戦績

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

福井県の高校野球の古豪・敦賀高校。かっては、敦賀商業として、福井県のみならず北陸地区の代表を独占して甲子園で暴れた。ここではそんな敦賀高校の歴史や甲子園での戦績、卒業選手などを紹介したい。

夏の大会17回出場でベスト8が3回

敦賀高校は、1906年(明治39年)に敦賀商業学校として開設された。1948年(昭和23年)敦賀高等女学校、敦賀中学校との合併により敦賀高等学校に名前を変えて現在に至る。
野球部の歴史も古く、甲子園初出場は夏の大会が1925年(大正14年)春の大会が1930年(昭和5年)だった。以降、夏は17回、春は4回出場している。特に夏の大会では、初出場で準々決勝に進出するなどベスト8が3回ある。また、初出場からの7年連続出場も、見事だった。

野球殿堂入り松木謙治郎さんを擁して夏初出場でベスト8

当時の夏の甲子園は、福井県、石川県、富山県で構成された北陸地区から1校の出場だった。したがって、連続出場となった7年間の夏の甲子園は福井県が独占する。
初出場でベスト8進出となった1925年第11回全国中等学校優勝野球大会では、2回戦から登場して、奥羽代表秋田商業を11回延長5-4でサヨナラ勝ちを収めるものの、準々決勝では東京の早稲田実業に4-11で敗れている。この大会には、後に大阪タイガースに入団、一時代を築き、コーチ、監督を歴任する松木謙治郎さんが出場した。松木さんは1978年野球殿堂入りを果たしている。

おすすめの記事