「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園の常連、智辯和歌山高校の野球部の歴史

2017 3/22 18:28ryo_o
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

智辯和歌山高校は、春の選抜大会には10回の出場、うち1回(1994年大会)は優勝、準優勝3回を果たしている。また、夏の甲子園についても出場21回、そのうち優勝2回(1997年・2000年)、準優勝1回を果たしている高校だ。同校からはプロ野球選手も数多く輩出している。

智辯和歌山出身の選手は大成しない

昔は、智辯和歌山高校出身の選手は大成しない、と揶揄されていた。 選抜大会も夏の甲子園にも豊富な出場経験を誇り、優勝・準優勝の回数も決して少ないわけではない。
そのため、プロ野球のドラフトにも多くの選手がかかり、しかも上位指名で入団しているのだが、不思議なことに、それらの選手は中々プロ野球の世界では結果を残せなかった。 そんな中、近年そのジンクスを破る選手が登場してきている。 代表例が、岡田俊哉投手(中日ドラゴンズ)と、西川遥輝選手(北海道日本ハムファイターズ)だ。

「高嶋監督の秘蔵っ子」岡田俊哉投手の高校時代

岡田投手は智辯和歌山高校在籍時から周囲の期待を集め、高校1年生の時には1年生唯一のベンチ入りを果たしている。1年夏、2年春夏と3季連続で甲子園に出場した。
特に2年生の夏では3回戦まで自責点0の好投をし、ベスト8進出に貢献している。 3年夏は、32回1/3イニング無失点、44奪三振という内容で予選を通過して甲子園に出場し、基本的に投手の複数制を採用する高嶋監督が岡田投手に関しては絶対的エースとして使用したため、「高嶋監督の秘蔵っ子」と称された。

おすすめの記事