「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園の常連、智辯和歌山高校の野球部の歴史

2017 3/22 18:28ryo_o
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

智辯和歌山高校は、春の選抜大会には10回の出場、うち1回(1994年大会)は優勝、準優勝3回を果たしている。また、夏の甲子園についても出場21回、そのうち優勝2回(1997年・2000年)、準優勝1回を果たしている高校だ。同校からはプロ野球選手も数多く輩出している。

智辯和歌山出身の選手は大成しない

昔は、智辯和歌山高校出身の選手は大成しない、と揶揄されていた。 選抜大会も夏の甲子園にも豊富な出場経験を誇り、優勝・準優勝の回数も決して少ないわけではない。
そのため、プロ野球のドラフトにも多くの選手がかかり、しかも上位指名で入団しているのだが、不思議なことに、それらの選手は中々プロ野球の世界では結果を残せなかった。 そんな中、近年そのジンクスを破る選手が登場してきている。 代表例が、岡田俊哉投手(中日ドラゴンズ)と、西川遥輝選手(北海道日本ハムファイターズ)だ。

「高嶋監督の秘蔵っ子」岡田俊哉投手の高校時代

岡田投手は智辯和歌山高校在籍時から周囲の期待を集め、高校1年生の時には1年生唯一のベンチ入りを果たしている。1年夏、2年春夏と3季連続で甲子園に出場した。
特に2年生の夏では3回戦まで自責点0の好投をし、ベスト8進出に貢献している。 3年夏は、32回1/3イニング無失点、44奪三振という内容で予選を通過して甲子園に出場し、基本的に投手の複数制を採用する高嶋監督が岡田投手に関しては絶対的エースとして使用したため、「高嶋監督の秘蔵っ子」と称された。

WBC日本代表選出へ

2009年のドラフトで岡田投手は、菊池雄星投手の外れ1位ではあったものの、中日ドラゴンズからドラフト1位で指名されている。 プロ入り後3年間は一軍での登板はなかった。当初から先発として期待されていた岡田投手だったが、中々安定した成績を残せずにいた。 しかし2013年からはリリーフとしての適性を発揮し、徐々に安定した成績を残せるようになる。
特に一昨年は、50試合以上の登板で防御率1点台と安定していた。 昨年も勝ちパターンの一角として安定した投球を披露し、体調不良の菅野投手に代わって侍ジャパンの一人に選出されると、今年の本大会のメンバーにも続けて選出されている。

北の韋駄天、西川遥輝選手

現在日本ハムファイターズで活躍する西川選手は、智辯和歌山高校時代、1年生の時からショートのレギュラーに抜擢され、甲子園でも活躍を見せた。 シャープな打撃と俊足が売りの選手で、その後もレギュラーとして活躍する。
2010年のドラフト2位で日本ハムに入団してからは、翌年にファーム日本選手権で優秀選手に選ばれるなど、順調に成長を遂げた。 二塁手として活躍していたがチーム事情から外野も守るようになり、2014年には盗塁王を、2016年にはベストナインと日本シリーズの優秀選手賞を獲得している。
また2016シーズンには、シーズンを通じて併殺打なし、という記録も樹立している。 今後WBCの日本代表を含め、さらなる飛躍が期待される選手だ。

巨人でさらなる成長を、坂口真規選手

2012年ドラフト5位で、東海大学からジャイアンツに入団した坂口選手も智辯和歌山高校出身だ。 智辯和歌山高校入学当初は、上半身に頼った、どちらかというと力任せの打撃だったものが、下半身を使うことを覚え、開眼したと評価されている。
2年夏・3年春夏と甲子園に出場し、特に3年夏は史上初となる、1イニング2ホームランを記録している。 プロ入り後は、1年目から期待され、1軍出場経験も積んだが、現在は成績が伸び悩んでいることから育成選手契約となり、育成選手から再起を図っている状態だ。

名将・高嶋仁監督

智辯和歌山高校硬式野球部の歴史を語る上で、外せないのは、名将・高嶋仁監督だ。 1980年に智辯和歌山高校の監督に就任後、現在に至るまで甲子園通算63勝、智辯和歌山の甲子園の歴史の生き証人といえるだろう。
高嶋監督のモットーは「常に全力を出し切る」だ。高嶋監督は、県大会では試合中ベンチに座っていることが多いのに対し、甲子園に出場した場合には、ベンチ前腕を組んで仁王立ちし、表情をあまり変えない。その姿が、テレビにクローズアップされる。
野村克也・元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督などにも絶賛される継投の判断力を持っており、ユーティリティプレーヤーを多く輩出するのも特徴だ。 彼の存在なしには、智辯和歌山の歴史はなかったといえるだろう。

まとめ

智辯和歌山高校といえば、甲子園最多勝利記録を塗り替えるなどした、高嶋監督が監督として全国的に有名だ。 高嶋監督が勇退し、プロ野球でOBも台頭してきている中、今後もさらなる選手の発掘・育成が期待される。

関連記事

おすすめの記事