「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球選手を数多く輩出している広陵高校野球部について

2017 3/22 18:28ryo_o
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

広陵高校は、広島県にあるプロ野球選手を数多く輩出している名門校だ。 近年では、同校を卒業し早稲田大学経由で日本ハムにドラフト1位指名された有原航平投手などが、OBとしてプロ野球でも活躍している。 同校の過去の成績や、OBとして活躍するプロ野球選手を中心に取り上げる。

硬式野球部は古くからの名門

広陵高校の硬式野球部は、旧制中学時代から広島商業高校と並んで全国に名前をとどろかす強豪校だった。 実際に、夏の甲子園の優勝経験はないものの(準優勝は合計3回)、春の選抜については1926年、1991年、2003年と3回の優勝を果たしており、「春の広陵」と高校野球ファンの間では呼ばれるほどの強豪校だ。春の選抜大会においても合計3回の準優勝経験がある。
硬式野球部以外にも軟式野球部、ボクシング部、テニス部等が全国大会で上位の成績を収めている高校だ。

数多くのプロ野球選手の輩出

特に近年では、広陵高校出身というと一種のブランド的な要素も認められるようになってきている。
有原投手や現・阪神タイガース監督の金本知憲氏、有原投手に続いて日本ハムでドラフト1位に指名された上原健太投手や、現在阪神タイガースの内野手・広島カープの内野手として活躍する上本兄弟等、広陵高校から直接プロ入りする場合に限らず、大学経由でも、プロ野球の世界において活躍することのできる選手を多く輩出しているのがその特徴といえる。

おすすめの記事