「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

延長再試合の激闘・徳島商高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

徳島県勢として初の甲子園出場を果たした徳島商業高校。「四国四商」とも呼ばれている歴史ある高校だ。そんな、徳島商業高校野球部の歴史を追ってみたい。

四国四商の一角

徳島商業は、1909年に創立された100年を超える歴史のある学校だ。そのため、著名人も多く輩出しており、元内閣総理大臣の三木武夫氏も同校卒業生の1人だ。硬式野球部だけでなくサッカー部にも力を入れており、全国高校サッカー選手権大会に全国歴代2位となる39回の出場を果たしている。
また、硬式野球部は「四国四商」と古くから呼ばれており、高知県の高知商業、香川県の高松商業、愛媛県の松山商業と並び古豪として知られている。

徳島県勢で甲子園初出場

徳島商業が初めて甲子園に出場したのは、昭和35年春の選抜だ。同校初の甲子園出場というだけでなく、徳島県勢として初めての出場だった。初戦で岐阜商に敗退してしまうが、甲子園の歴史に徳島県勢としての第一歩を刻んだのだ。戦後初めて開催された春の選抜となる1947年大会で、徳島商は優勝を飾る。
決勝は延長13回の激戦となり3-1で小倉中(福岡県)を破ったのだ。この小倉中は同年夏の大会で優勝を果たす強豪校でもあった。これ以降、徳島商の甲子園優勝はない。

おすすめの記事