「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国制覇7度の名門・広島商高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Glen Jones/Shutterstock.com

広島県の高校野球を引っ張ってきた広島商業高校。多くのプロ野球選手も輩出している、名門校の1つだ。ここでは、そんな広島商業高校野球部の歴史を追ってみたい。

100年以上の歴史を誇る伝統校

広島商は、1899年に創立された120年近い歴史を誇る伝統のある高校だ。歴史のある高校だけに部活動も盛んで、硬式野球部以外には、バスケットボール部が全国制覇の経験もあるほどの全国的レベルの強豪となっている。
硬式野球部は甲子園にも数多く出場しており、野球ファンの間でも『広商』と略されることが多くなっている。地元では市立広島商業と区別するために『広商』ではなく『県商』の愛称で呼ばれることもある。

甲子園の出場回数は県内2位となる43回

広島商が甲子園に初めて出場したのは、1916年夏の選手権大会だった。1918年まで3大会連続で出場するなど、中国地方の強豪校として君臨。1924年の第10回大会で初優勝を果たした。
2016年夏の甲子園までに、春21回、夏22回の合計43回出場を果たしており、44回出場の広陵高校と広島県内の出場回数トップを争っている。近年では、2004年以降甲子園に出場することができず県予選での敗退が続いているが、奮起に期待したいところだ。

おすすめの記事