「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園第1回大会開幕試合の勝者・鳥取西高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

100年以上前に行われた、甲子園の前身である第1回中等学校優勝野球大会に出場を果たした鳥取西高校。県内最多の甲子園出場を誇る有名校だ。そんな、鳥取西高校野球部の歴史を追ってみたい。

創立140年を超える歴史ある学校

鳥取西高校は1873年に創立され140年を超える歴史を持つ、鳥取県有数の進学校だ。多くの著名人が卒業しており、スポーツメーカー・アシックスの創業者である鬼塚喜八郎氏、キリンビール創設者の磯野長蔵氏なども同校OBとなっている。
硬式野球部は春4回、夏23回、合計27回の甲子園に出場する常連だ。これは県内で最多となっており2位の米子東高校に6回の差をつけている。また、軟式野球部も中国大会で2度の優勝を誇る強豪だ。

甲子園での戦績

鳥取西の前身である旧制鳥取中は、1915年に開かれた第1回中等学校優勝野球大会に山陰地方代表として出場している。その後も、戦前は米子中と共に山陰地区を引っ張り、この2校以外の高校が甲子園に出場したことは1度しかなかった。戦後に入ると他校の台頭もあり低迷。
近年は2008年夏の選手権に出場を果たしたが、初戦で敗退した。春の選抜には4度の出場をしているが、1993年に出場して以来、出場はない。

おすすめの記事