「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北地方を代表する強豪社会人野球チームとは

2017 8/3 12:53Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by DarioZg / Shutterstock.com

以前から高校野球・大学野球では素晴らしい実績を残している東北勢だが、社会人野球でもそのレベルの高さは変わらず、大きな存在感を放っている。 今回はそんな社会人強豪チームの中から3つを紹介していこう。

100年近い伝統を持つ!JR東日本東北

まず紹介するのは、JR東日本東北だ。国鉄時代の1919年に創部された伝統あるチームで、都市対抗野球選大会よりも長い伝統を誇る。同大会の出場回数は24回を数え、1927年の第1回大会から1942年の第16回大会までに、計12回も出場したほどだ。全日本選手権への出場も15回を記録している。
1950~80年代には長い低迷期がやってくるが、国鉄が民営化してJRとなると、盛岡・秋田から選手たちが集まり、「JR東日本東北」として再スタートを切る。そして95年には53年ぶり13回目の都市対抗出場を果たすと、以降の20年間で12度の出場を記録した。
民営化は単なる1つのきっかけかもしれないが、これによってチームは再び輝きを取り戻したのだ。

JR東日本東北からプロ入りした選手たち

JR東日本東北の主な輩出選手としては、現役選手なら福岡ソフトバンクホークスの攝津正選手が代表的だろうか。2008年のドラフト5位で入団すると、1年目から70試合に登板し、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。3年目からは先発投手に転向すると、そこから5年連続2ケタ勝利も記録している。
引退した選手では小坂誠さんが代表的だ。1996年のドラフト5位で千葉ロッテマリーンズに入団すると、1年目から新人記録を塗り替える56盗塁を記録し、新人王を獲得した。ちなみに、それ以前の新人記録は、同じくJR東日本東北から国鉄スワローズへ入団した佐藤孝夫さんの45盗塁。偉大な先輩の記録を塗り替えての新人王だった。その後も俊足を生かした鉄壁の守備でロッテの守備陣を支え、ゴールデングラブ賞を4度獲得。2005年には日本一も経験している。
2人とも決してドラフト上位ではないのだが、このチームでしっかりと力をつけ、プロでもトップクラスの成績を残すまでに成長していった。

おすすめの記事