「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【将来のスターを発掘?】全国中学校軟式野球大会を解説!

2017 8/3 12:53dada
中学,野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

毎年8月に開催されている、全国中学校軟式野球大会について解説していく。 大会の概要や注目ポイント、これまでに輩出されたスター選手などについても触れていく。 こちらをご参考に、今後の大会を楽しんでみるのも良いのではないだろうか。ぜひご覧ほしい。

どうやってやるの?全国中学校軟式野球大会の概要

全国中学校軟式野球大会は、例年8月に開催されている。開催期間は、通常であれば4日間で、試合は1回戦、2回戦、3回戦、準決勝、決勝で構成される。
全国のブロック大会で出場権を得た学校のチームが参加する。通常の参加チーム数は、日本全国24のチームと、開催地枠から1チームの併せて25チームとなっている。開催地は大会ごとで全国で持ち回りとなっている。
大会の開催目的は、中学生に軟式野球をプレーする機会を与えることや、アマチュアスポーツの振興だ。

大会の歴史&全日本少年軟式野球大会との違いを知ろう!

全国中学校軟式野球大会は、平成28年度までに38回開催されている。
1979年までは中学生の全国大会は禁止されていたが、この年にこの規制が緩和される。これに伴い、同年に開催されたのが第1回の全国中学校軟式野球大会だった。第1回から第5回までは横浜で開催されていたが、第6回からは全国持ち回りとなっている。
参加できるのは全国の中学校にある軟式野球部だ。全国中学校軟式野球大会の類似の大会には、全日本少年軟式野球大会がある。この大会は中学校の軟式野球部だけでなく、地域のクラブチームも対象としているのが大きな違いだ。

おすすめの記事