「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外なあの人もここから始まった!?北信越の強豪社会人野球チームとは

2017 8/3 12:53Mimu
野球ボール、グローブ、バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

近年、北信越エリアの野球のレベルが高くなってきた。 高校野球では日本文理や敦賀気比が印象に残る活躍を見せており、北信越の野球を盛り上げている。そして、それは社会人野球でも同様だ。 今回は北信越の社会人野球強豪チームを紹介していこう。

北信越屈指の強豪チーム!バイタルネット

まずは新潟県新潟市のバイタルネットを紹介しよう。元は医薬品販売会社を行うニチエーの野球部として誕生したが、2001年から3企業の合併によりバイタルネットへと社名を変更。それとともに、野球部も新たなスタートを切った。
ニチエー時代はなかなか北信越地区を勝ち上がることができなかったのだが、バイタルネットに改称後は1年目から都市対抗野球大会に出場するなど、順調に力をつけていく。都市対抗野球には3度、日本選手権には5度の出場を数えるなど、今や北信越でも屈指の強豪チームとなった。

日本ハムの名セットアッパーも輩出

バイタルネット出身の選手としては、北海道日本ハムファイターズの谷本圭介選手が代表的だ。中部大学時代からプロのスカウトの評価が高く、ドラフトでも指名選手候補だった。しかし、167cmというプロにしては小さめの体格がネックとなり、結局指名からは漏れてしまったのだ。
この悔しさをバネに、大学卒業後にバイタルネットへ入社すると、1年目から都市対抗野球選手権にも出場し、強豪の富士重工(現SUBARU)を相手に8回まで無安打ピッチングを披露。翌2008年にも同じ北信越地区の代表として出場したTDK千曲川の補強選手として出場し、社会人屈指の右腕として知られるようになる。
すると、同年のドラフトでは日本ハムから7位指名を受け、念願だったNPBへ挑戦する権利を得たのだ。あれから8年、いまやチームに欠かせない中継ぎ投手として活躍している。

おすすめの記事