「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京の大学で野球の強豪校を紹介します。

2017 3/3 09:51
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

毎年プロ野球選手を多く輩出する東京の大学には野球の強豪校がひしめいています。 今回はそんな中で実績を挙げている野球部5校をピックアップして、特色や沿革、戦績などを紹介いたします。

明治神宮野球大会最多優勝を誇る「明治大学野球部」

東京六大学野球連盟に所属する明治大学野球部は、明治43年にスタートし、平成28年度でおよそ100人の部員が在籍し、監督は善波達也さんです。練習場所は明治大学府中グラウンド、通称「内海・島岡ボールパーク」で、約7万5000平方mの敷地内には室内練習場や合宿所も完備されています。
東京六大学野球リーグでは通算38回の優勝を誇っており、平成28年には第47回明治神宮野球大会優勝で5年ぶりの日本一を達成しました。歴代主将の中には星野仙一さんや、2015年ドラフトで阪神に2位指名された坂本誠志郎さん、2016年ドラフトで中日に1位指名された柳裕也さんらの名前も並んでいます。

ドラフト指名者数歴代第1位に輝く「法政大学野球部」

1915年に創部された法政大学野球部は、1930年に東京六大学野球リーグに初優勝を飾って以来、44回の優勝を成し遂げてきました。全日本大学野球選手権大会においても優勝回数8回という最多の記録を誇る大学です。
練習は法政大学川崎総合グラウンド内の全面人工芝や、室内練習場を使って行われます。選手は第一合宿所と第二合宿所で生活して、専門業者による栄養バランスのとれた食事が提供されています。
野球部からは野球殿堂入りをしている山本浩二さんをはじめ、プロ野球で活躍している石田健大さん、西浦直亨さん、三嶋一輝など、野球界で活躍する多くの人材を輩出しています。

おすすめの記事