「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

地元強豪校はどこだ?大学野球の現状を探る【神奈川リーグ編】

2017 3/3 09:51aoi2901
野球 大学
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

2016年のドラフト会議では、多くの大学出身選手がプロの世界へと進みました。 甲子園を筆頭に高校野球に注目が集まりがちな日本の野球界ですが、大学にも注目選手がたくさん在籍しているのです。 今回は神奈川県の大学をピックアップ。2016年秋季リーグを元に、地元の強豪校をご紹介します。

2016年秋季リーグ1位~神奈川大学

2016年の神奈川リーグを制したのが、横浜市神奈川区にキャンパスを置く神奈川大学です。春季リーグでは2014年・2015年と連覇を達成するなどの実績もある、リーグ戦上位常連校です。 現在チームを率いるのは古川祐一監督。2016年の春季リーグは3連覇を逃すも、その悔しさから這い上がり、秋季リーグで王者の椅子を勝ち取りました。
神奈川大学は過去にプロ野球選手を多く輩出している実績があり、現役では東北楽天ゴールデンイーグルスの足立祐一選手がいます。

2016年秋季リーグ2位~横浜商科大学

2016年の秋季リーグで2位に入ったのが、横浜市鶴見区にある横浜商科大学です。同年の春季リーグでは同率で3位に沈むなど、2016年のリーグ戦は悔しい結果で終わってしまいました。 横浜商科大学の野球カラーは、投手陣を中心に守備から試合を組み立てていく戦術。佐々木正雄監督と共に2017年はどうチームを立て直していくか注目です。
なお、横浜商科大学は、2016年に阪神タイガースの先発の一角を担った岩貞祐太投手を筆頭に、今もプロ野球の世界で活躍を続ける現役選手を多く輩出した大学です。

おすすめの記事