「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北地方の野球強豪大学を紹介します!

2017 3/3 09:51
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

毎年ドラフトのシーズンが近づくにつれ、野球選手にスポットが当たる回数も増えますね。 プロへ入って即戦力になることが多い大学の選手にはスカウトの熱い視線も注がれます。 ここでは東北の野球強豪校について取り上げ、沿革や戦績などを交えながら野球部の紹介をしていきたいと思います。

全日本大学野球選手権大会2回優勝の実績を持つ「東北福祉大学」

1962年に創部され仙台六大学野球連盟に所属しています。1979年には明治神宮野球大会出場、1983年には全日本大学野球選手権大会出場へそれぞれ初出場しています。そこから幾多の出場を果たしており、全日本大学野球選手権大会では優勝2回と準優勝5回、明治神宮野球大会では準優勝4回の成績を残しています。
2014時点での仙台六大学野球でのリーグ優勝も65回を記録しています、練習場所は東北福祉大学野球場で、全天候型体育館もあります。
この野球部からは佐々木主浩さん、和田一浩さんを始め、ヤクルトスワローズ石山泰稚さんや中根佑二さん、東北楽天ゴールデンイーグルス阿部俊人さんなど、多くのプロ野球選手が輩出されています。

北東北大学リーグで優勝争いを繰り広げる「富士大学」

富士大学硬式野球部は、1965年に創部された北東北大学野球連盟所属のチームです。2016年時点での監督は豊田圭史さんで部員数は190人です。
全日本大学野球選手権大会には10回出場し、2009年に準優勝。明治神宮大会には2回出場してベスト4の成績を残しています。リーグ優勝は2015年度で27回を数えています。
2016年ドラフトで阪神から2位指名を受けた小野泰己さんをはじめ、埼玉西武ライオンズの多和田真三郎さんや外崎修汰さん、広島東洋カープの中村恭さんなどプロ野球選手を輩出している野球部です。

練習と共にボランティア活動で地域貢献にも尽力する「青森大学」

青森大学硬式野球部は、1970年4月に創部された北東北大学野球連盟に所属しているチームで、全日本大学野球選手権大会への出場も果たし、ベスト4の成績を残しています。
監督は鳥谷部勉さんで、2016年時点で108名の選手が在籍し、チームスローガンは礼儀・謙虚・感謝です。専用球場と室内練習場を持ち、練習は週6日、活動時間は平日3時間と休日5時間で、例年宮古島での約2週間のキャンプも行っています。
2015年は北東北大学野球の春季リーグ戦・秋季リーグ戦ともに3位、2016年は第25回JAVA岩手県定期リーグ戦に初参加で優勝しています。

頂点を取るべく最後までチーム力で戦い抜く「八戸学院大学」

八戸学院大学硬式野球部は、1981年に創部された北東北大学野球連盟に所属するチームです。監督は正村公弘さん、部員数は72名で、全員が寮生活をしており、練習は専用球場、室内練習場で行われています。
全日本大学野球選手権大会には7回、明治神宮野球大会大学の部には4回の出場を果たしています。リーグ戦では、2001年春季に初優勝して以降、2013年には14回目のリーグ優勝をしています。
プロ野球選手では、東北楽天ゴールデンイーグルスの塩見貴洋さん、埼玉西武ライオンズの田代将太郎さん、秋山翔吾さんを輩出しています。

謙虚な気持ちを忘れず日本一を目指して邁進する「東日本国際大学」

東日本国際大学硬式野球部は、1996年から南東北大学野球連盟に所属するチームで、部員数は130名近くが在籍しています。2016年時点での監督は仁藤監督で、3月には沖縄の浦添市民球場、東風平球場でキャンプを行っています。
全日本大学野球選手権大会に多数出場しており、2007年にベスト4、2008年はベスト8という成績を残しています。2016年も南東北大学野球連盟春季リーグ1部での優勝を決め、全日本大学野球選手権への出場を果たし、リーグ戦は3季連続27回目の優勝を果たしています。

まとめ

東北の野球強豪校について、野球部が誇る輝かしい実績を交えながら紹介してきました。 強豪校と言われるだけあり、どの大学からも野球への情熱が伝わってきます。 チーム一丸となって、新しい戦績をたくさん刻んでほしいですね。

関連記事

おすすめの記事