「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北地方の野球強豪大学を紹介します!

2017 3/3 09:51
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

毎年ドラフトのシーズンが近づくにつれ、野球選手にスポットが当たる回数も増えますね。 プロへ入って即戦力になることが多い大学の選手にはスカウトの熱い視線も注がれます。 ここでは東北の野球強豪校について取り上げ、沿革や戦績などを交えながら野球部の紹介をしていきたいと思います。

全日本大学野球選手権大会2回優勝の実績を持つ「東北福祉大学」

1962年に創部され仙台六大学野球連盟に所属しています。1979年には明治神宮野球大会出場、1983年には全日本大学野球選手権大会出場へそれぞれ初出場しています。そこから幾多の出場を果たしており、全日本大学野球選手権大会では優勝2回と準優勝5回、明治神宮野球大会では準優勝4回の成績を残しています。
2014時点での仙台六大学野球でのリーグ優勝も65回を記録しています、練習場所は東北福祉大学野球場で、全天候型体育館もあります。
この野球部からは佐々木主浩さん、和田一浩さんを始め、ヤクルトスワローズ石山泰稚さんや中根佑二さん、東北楽天ゴールデンイーグルス阿部俊人さんなど、多くのプロ野球選手が輩出されています。

北東北大学リーグで優勝争いを繰り広げる「富士大学」

富士大学硬式野球部は、1965年に創部された北東北大学野球連盟所属のチームです。2016年時点での監督は豊田圭史さんで部員数は190人です。
全日本大学野球選手権大会には10回出場し、2009年に準優勝。明治神宮大会には2回出場してベスト4の成績を残しています。リーグ優勝は2015年度で27回を数えています。
2016年ドラフトで阪神から2位指名を受けた小野泰己さんをはじめ、埼玉西武ライオンズの多和田真三郎さんや外崎修汰さん、広島東洋カープの中村恭さんなどプロ野球選手を輩出している野球部です。

おすすめの記事