「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バドミントンの聖地やその周辺の観光スポット

2017 4/25 12:52
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Carsten Medom Madsen/Shutterstock.com

北京オリンピックのオグシオコンビを知ってからバドミントンを始めた人も多いのではないでしょうか。そして2016年、タカマツペアが金メダルを獲得した事で競技の人気はさらに上昇しました。そこで今回はバドミントンの聖地と言われている場所やその周辺の観光スポットを紹介します。

バドミントン誕生の歴史/インド・プーナ、イギリス・バドミントン荘

遡る事1820年代、インドのプーナという地方で皮の球をネット越しにラケットで打ち合う遊びが行われていました。その遊びをイギリス人兵士が本国に伝えたのが1873年で、そこから始まりとされています。
元々この遊びは「プーナ」と言われていましたが、そのイギリス人兵士が本国で紹介した際にイギリスのグロスタシャーにあるバドミントン荘という邸宅で紹介したため、そこから「バドミントン」という名称に変わったとされています。

バドミントンのコートができた由来

バドミントンは1870年代当時では、バクバウンダリーラインからネットに向けて狭くなっていく形状をしており、例えるならバスケットボールのフリースローレーンを2つ合わせたような形をしていました。
この形状になったのはバドミントン荘がそのような形状であった事からであるとされていますが、そこから1893年にイギリスにバドミントン協会が誕生し、ルールの統一性を図っていくうちに、コートの広さや得点の決め方などが変わっていき現在の形となりました。

おすすめの記事