「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道・東北のバドミントンならココ!強豪校5選!

2017 1/25 10:28
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by KP Photograph/Shutterstock.com

東京オリンピックでもメダルの期待の高いバドミントン。 競技人口も増加していますが、有力な選手を多く輩出している東北地方の強豪校をご紹介します。 お子さんの進学先決定にもお役立てください。

男子全国大会常連の「札幌第一高等学校」

4H運動を積極的に推進する札幌第一高校では、生徒たちに知・情・意・体の4つに重きを置いた教育方針がとられています。その一環で部活動にも力を入れていますが、男子バドミントン部は特に成績も優秀です。
全国的にも珍しい全国大会31年間連続出場という輝かしい成績を更新し続けている強豪校です。今年の春季高校バドミントン大会では男子団体戦優勝及びダブルスでも優勝と準優勝を獲得するなど、県内では圧倒的な成績を収めています。

小中高一貫教育を実践する「聖ウルスラ学院英智高等学校」

「本当に自分を磨ける場所」をコンセプトに小中高の一貫教育を行う聖ウルスラ学院英智高等学校は、国内名門難関大学にも生徒を現役で送り込む名門私立高校です。
バドミントンは特に強力な指導陣の下、女子部は全国優勝・準優勝・第3位と多くの実績を持ちます。2016年の世界ジュニアバドミントン選手権大会では、3年生の保原彩夏選手が日本人初となるダブルスでの金メダルを獲得しました。近年は男子部も成長が著しく、期待されています。

おすすめの記事