「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バドミントンのドロップを上達しよう!上達のコツを確認

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by avevizavi_com/Shutterstock.com

バドミントンのドロップなかなかうまくならないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?上達するための練習方法やコツをご紹介します。

バドミントンのドロップショットとは?

ご存知かとは思いますが、おさらいのためドロップショットについてお話します。バドミントンには、相手のコートの際に打つショットが数種類ありますよね。カットや今回ここでお話しするドロップなどです。
ドロップとはカットに比べると、やわらかな弾道となっており、ネットを超えた直後に真下にシャトルが落ちます。オーバーハンドの状態から打つことのできるショットなので、相手のふいをつく事ができます。決め球のスマッシュをすると見せかけて手前に落とすという感じで使用します。

ドロップショットが上達する打ち方

テニスにもドロップショットはありますが、バドミントンのドロップショットのフォームは少し違います。
バドミントンのドロップショットの基本的な打ち方はオーバーハンドです。クリアーとやスマッシュと同じフォームのまま、ドロップショットを打つことができるようになれば、相手のふいをつくことができ、相手の体制を崩すことができる効果的なショットとなります。
ドロップショットの打ち方としては、インパクトをする瞬間にラケットをすっと止めてシャトルを前に押し出すように打ちます。

手首のコントロールがドロップショット上達のコツ

ドロップショット上達には手首のコントロールが重要となってきます。ドロップショットを細かくコントロールするのは手首で主に行います。通常シャトルはスナップを効かせるようにシャトルを打ちますが、ドロップショットの場合は、手首を使ってシャトルを前に押し出します。インパクトをする瞬間に、この打ち方ができるように練習を繰り返しましょう。
ドロップは相手のふいをつくショットではありますが、相手に気づかれてしまったり、狙うコースが甘くなってしまうと、相手に攻めることを許すチャンスボールとなってしまうので注意が必要です。

フェイント的な存在であるドロップショット

前章でもお伝えしましたが、ドロップショットはバドミントンのショットの中でもフェイント的な要素をもっています。クリアーやスマッシュなど他のショット同じようなフォームで打てるようになりましょう。最初は素振りから始め、同じフォームでドロップを何度も打つ練習をしましょう。試合などでドロップショットを上手く効果的に使えるように、普段から手首を意識しながらショットを打つといいですよ。ドロップショットが完璧に打てるようになれば、試合の流れを勝ち取りやすくなりますよ。

ドロップショットの練習メニュー

ドロップショット上達に有効な練習法は、ノックを使用したドロップアンドヘアピンをすることです。ノッカーは、シングルスコートのサービスラインの後ろ側にたち、ネットギリギリのところにシャトルをあげます。ドロップを打つ側は、コートの真ん中あたりから動くようにし、後ろにきたシャトルをドロップで打ち、前に来た場合はヘアピンを打つようにします。
この練習のポイントは、ドロップショットでシャトルがなるべく浮かないようにショットを打つことです。シャトルが浮いてしまうと相手に有利になってしまうので、出来るだけネットギリギリのところにに落ちるように打ちましょう。
また打ちたいポイントに籠を置いてそこに入れる練習をするのも効果的ですよ。

まとめ

いかがでしたか?基本を知らなければ上達はできないのでドロップショットとは?という部分からご紹介させていただきました。ドロップを鍛えたいと思っているのであれば、練習方法とポイントをしっかり押さえて練習すればきっと上手になります。試合でドロップショットを上手く決めて、試合の流れを勝ち取りましょう。

関連記事

おすすめの記事