「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バドミントンのドロップを上達しよう!上達のコツを確認

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by avevizavi_com/Shutterstock.com

バドミントンのドロップなかなかうまくならないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?上達するための練習方法やコツをご紹介します。

バドミントンのドロップショットとは?

ご存知かとは思いますが、おさらいのためドロップショットについてお話します。バドミントンには、相手のコートの際に打つショットが数種類ありますよね。カットや今回ここでお話しするドロップなどです。
ドロップとはカットに比べると、やわらかな弾道となっており、ネットを超えた直後に真下にシャトルが落ちます。オーバーハンドの状態から打つことのできるショットなので、相手のふいをつく事ができます。決め球のスマッシュをすると見せかけて手前に落とすという感じで使用します。

ドロップショットが上達する打ち方

テニスにもドロップショットはありますが、バドミントンのドロップショットのフォームは少し違います。
バドミントンのドロップショットの基本的な打ち方はオーバーハンドです。クリアーとやスマッシュと同じフォームのまま、ドロップショットを打つことができるようになれば、相手のふいをつくことができ、相手の体制を崩すことができる効果的なショットとなります。
ドロップショットの打ち方としては、インパクトをする瞬間にラケットをすっと止めてシャトルを前に押し出すように打ちます。

おすすめの記事