「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もっとバドミントンが上手くなりたい!クリア上達のコツ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by l i g h t p o e t/Shutterstock.com

オリンピックでも注目を浴びていたバドミントン。バドミントンをやっている人ならば強くなりたい、上手くなりたい、そう思いますよね。ただやみくもに練習しても上達することはありません。クリアーの種類とコツを覚えて他の人より一歩先に立ちましょう。

バドミントンのショット・クリアーについて

みなさんご存知でしょうが、バドミントンのクリアーについてご紹介します。
クリアーの中にもいくつか種類はあるのですが、一般的にはシャトルを遠く高く飛ばして、相手側のコート奥を狙っていくショットのことをクリアー、もしくはハイクリアと呼んでいます。大体シャトルは大きな山の軌道を描きながら、相手側コートの奥まで飛んでいきます。
そうすることによって自分の体勢を立て直す時間を稼いだり、相手の攻撃をしの井だりするためのショットになります。基本的に「守備的要素」が強いショットなので、できるだけ遠く高く飛ばすことができるよう求められます。

バドミントンのハイクリアーとは?

最初でも少しご紹介しましたが、ハイクリアーとは、自分が相手の攻撃についていけなくなったときなど、時間を上手く稼いだり、自分の崩れた体勢を整えるときに使うショットです。
そのため攻撃よりも守備的な要素が強く、高く打った打球で相手を出来るだけエンドラインまで遠ざける必要が出てきます。打球は高いほど効果がでやすいですが、それと同時に相手にもショットを打つまで時間的余裕を与えることになってしまうので、試合の中で多用し過ぎないように注意が必要です。

おすすめの記事