「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バドミントンが上手くなりたい人必見!一番重要なサーブ上達のコツ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by NATTHAPONG SUNTORNDECH/Shutterstock.com

スポーツをしていると誰でも強くなりたい、試合に勝ちたい。そう思いますよね。強くなったり試合に勝つためには技術を磨く必要があります。その中でも試合の開始で重要なサーブが上手くなる上達のコツをご紹介します。

サーブが上達したいのであればサーブの種類を知ろう

バドミントンを始めて少し経った人や、初級を抜け出して中級者になった人には必ず壁が存在します。その壁を打ち破るためにもサーブの種類を増やして戦い方にメリハリをつけられるようにしましょう。
サーブには、バックハンドで打つサーブと、フォアハンドで打つサーブの2種類があります。テニスのように上からサーブを打つことはできないので、その分力が弱くなりがちです。そのサーブをいかに打たれないようにするかは球種を磨くしかありません。

基本であるロングハイサービス上達のコツ

バドミントンの基本中の基本、ロングハイサービスを磨けば強力なリターンを防ぐことが出来ます。ロングハイサービスは、自身のコートにあるショートサービスラインから、相手側のコートにあるエンドラインまで出来るだけ高く飛ばすのが理想です。
上達のコツは「前かがみにならない」ことと「シャトルを顔の前くらいにセット、そして右前方に放り投げる」こと、「リストスタンドしながら後方へ引いたひじを先行させる」この一連の動作でシャトルに勢いがつけられます。

レシーブが得意な人におすすめドリブンサービス上達のコツ

ご存知の通りドリブンサービスは、ロングハイサービスよりも低めにかつ速く打つサーブです。相手側のレシーバーが届くと思われる範囲よりも、ギリギリ外側あたりを抜くように狙います。起死回生一発逆転を狙いたい場合にはいいサーブですが、失敗してしまうと一瞬でスマッシュの餌食になってしまう危険なサーブでもあります。
そのサーブを磨くには「ギリギリ以外のところにシャトルが落ちないようにする」ことです。練習あるのみですが、何回もやれば体にしっかりと刻まれます。

意表を突くのも大切!ショートサービス上達のコツ

ロングハイサービスをメインに打っていると、相手は自ずと後ろに下がっていきます。後ろに下がった状態が試合の中で増えてきたときがチャンス。ショートサーブを繰り広げます。ただ同じようなタイミングでやると、相手にも読まれてしまうので注意が必要です。
これを上達するには「練習試合などでたくさんの選手の行動を見極める」ことが必要です。パターンが分かってくるので使いやすくなりますよ。あとはロングハイサービスを確実にきめられるようにすることも重要です。

サーブを上達させるための練習例

サーブに関してはバドミントンの練習の中でも唯一、1人だけでもできる練習です。はやく上達をしたいのであればサーブの練習メニューは試合と同じようにサーブを打つことです。
この練習をしているときに注意したいのが、ただ単にショットを打ち続けるだけではなく、サーブをするエリアの四隅を狙うようにしたり、高さや速さを調整しながらやってみるということです。また、打ちたい場所に籠を置き、そこに入るよう練習するのも効果的です。

まとめ

いかがでしたか?あなたもこれで試合に勝てるサーブが打てるようになるはずです。日々の練習を怠らずに努力し続ければきっといい結果はついてきます。試合を左右するサーブを制すれば、試合の流れを自分のものにすることが出来るでしょう。

関連記事

おすすめの記事