「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界最速!オリンピック種目『バドミントン』の見どころ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by photofriday/Shutterstock.com

世界最速のスポーツ、バドミントン。先日のリオデジャネイロオリンピックでのタカ・マツペアの金メダル、素晴らしい試合に感動しましたよね。次回の東京オリンピックでもバドミントンは公式種目になっています。今回はオリンピックでのバドミントンの見どころを紹介したいと思います。

オリンピック種目としてのバドミントン

1992年バルセロナオリンピックから正式競技種目になったバドミントン。打球は最速初速493km/h、世界最速のスポーツとしても有名です。バドミントンの試合をご覧になったことある方は、その速さに息を飲むシーンもたくさんあったのではないでしょうか。
また、リオオリンピックでは、女子ダブルスでタカ・マツペア(髙橋礼華選手・松友美佐紀選手)の金メダル!とても感動しましたよね。強豪国の一員ともいえる日本でも、バドミントン競技の人気は着々と高まってきています。

バドミントンの強豪国と世界ランキング

現在、主な強豪国は選手層の厚い中国をはじめ、韓国、マレーシア、インドネシア、デンマーク、カナダ、そして日本が挙げられると思います。どの国にも世界ランク上位の選手がたくさんいます。
リオデジャネイロオリンピック、女子シングルスで見事銅メダルを獲得した奥原 希望選手は2016年9月現在、世界ランキング(BWF WORLD RANKINGS)でも3位(一週間ごとに入れ替わります)と、活躍ぶりが伺えます。女子シングルスは世界ランク25位以内に5人も入っているんですね。今後も是非頑張って欲しいです!
また男子シングルス日本代表の佐々木 翔選手も現在24位と、今後の活躍に期待できます。金メダリストのタカ・マツペアは今年の3月から首位独走中。ダブルスは25位以内に男子2組、女子は4組と、どの選手の活躍も期待できそうです。

バドミントンの世界選手権

世界選手権(世界バドミントン選手権大会)は個人の選手権大会で、現在はオリンピックの開催年を除いて、毎年開催されています。2015年はインドネシアのジャカルタで開催され、男子ダブルスの 遠藤 大由選手、早川 賢一選手ペアと、女子ダブルスの福万 尚子選手、與猶 くるみ選手フク・ヨナペアが銅メダルを獲得しました。
2016年はリオデジャネイロオリンピックがあったので、世界選手権はお休みですが、来年の大会も楽しみですね。フク・ヨナペアはアジア選手権大会でも準優勝を果たしています。

バドミントンスーパーシリーズ

全英オープンなどを含む、BWFスーパーシリーズは2007年から世界バドミントン連盟(BWF)が開催する年間のトーナメントシリーズです。世界ランキングの上位に入っていないと予選へのエントリーすら難しいといわれる、オリンピックや世界選手権に次ぐ大きな大会です。
その年のスーパーシリーズ(プレミア含む)の成績のみで集計された、スーパーシリーズランキングがあり、そのランキング上位8人と8ペアがスーパーシリーズファイナルズに出場できます。

東京オリンピックでのバドミントン競技

東京オリンピックでもバドミントンは公式種目になっています。『武蔵野の森総合スポーツ施設 』での試合が予定されており、東京スタジアムに隣接、約4800㎡のメインアリーナに、サブアリーナ、プールやトレーニングルームまで新しく整備されます。世界最高峰の大会、オリンピックの舞台での試合を見ることのできる絶好のチャンスですね。時速400kmを超える超人アスリート選手たちのスマッシュを、是非生で観たいですね。日本の選手団にも期待しています!

まとめ

いかがでしたでしょうか。バドミントンの世界大会、オリンピックのみどころを少しご紹介させていただきました。バドミントンは生で試合を見ると、とてもアグレッシブで観戦にも熱が上がるスポーツです。是非一度、生でご覧になってみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事