「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サニブラウン世界での立ち位置は? 日本新でも全米大学選手権3位

2019 6/14 11:00鰐淵恭市
東京五輪へ期待が高まるサニブラウンⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

9秒97は今季世界6位タイ

男子100メートルでサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が、日本人2人目の9秒台となる9秒99をマークしてから約1カ月後。朗報が再び、海の向こうからもたらされた。

6月7日に行われたアメリカの学生ナンバー1を決める全米大学選手権で、サニブラウンが、2017年に桐生祥秀(当時東洋大、現日本生命)が樹立した日本記録を0秒01更新する9秒97(追い風0.8メートル)をマークした。20歳のこの走りが快挙であることは間違いない。ただ、このタイムを持って、サニブラウンは東京五輪で活躍できると言えるのだろうか。

サニブラウンのタイムは今季世界6位タイ(6月10日現在)と、世界のトップレベルにある。ただ、9秒97をマークしたレースでも優勝はできず、3位だった。全米大学選手権がいかにレベルの高い大会とはいえ、学生のレースで3位である。あまり浮かれすぎて考えるのは良くない。活躍の観点を「ファイナリスト(決勝進出者)」と「メダル獲得」の二つに分けて考える必要があるだろう。

おすすめの記事