「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

第30回出雲駅伝③ 青学、絶対的エース不在も完勝。今季も大学駅伝の中心に

2018 10/18 11:00鰐淵恭市
ランナー,ⒸShutterstock
このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋大の巻き返しが始まった5区

5区は6.4キロと短く、つなぎの区間である。ここでも、青山学院大の原晋監督は先を見据えた、余裕の選手起用を見せた。

この区間を任されたのは生方敦也(3年、栃木・佐野日大高)。学生駅伝デビュー戦だった。ただ、スピードは十分にある。今年の関東インカレ2部の1500メートルで優勝しているランナーだ。 原監督は生方の起用を「出雲スペシャル」と言った。確かに、1500メートルという中距離ランナーが駅伝を走るとすれば、学生3大駅伝でも最も短い出雲駅伝がベストだろう。その意味では、出雲専用と言える。

さらに言えば、中距離の選手が長い距離を走ることができれば、青山学院大の戦力がさらにアップすることになる。1区間20キロを走る箱根用にスタミナがある選手はたくさんいるが、スピード豊かな選手はそうは多くない。その中で、生方という存在は貴重だ。そんなスピードランナーの成長を促すための、原監督の起用かもしれない。

追う東洋大は今西駿介(3年、宮崎・小林高)、東海大は郡司陽大(3年、栃木・那須拓陽高)。5000メートルの自己ベストで見ると、郡司が最も速いものの、タイム的には3人の大きな差はない。ここで青山学院大が差を広げるようなら、2年ぶりの優勝に大きく前進。逆にライバルが逆転で栄冠を手に入れるためには、ここでどれだけつめられるかにある。

アンカーにつなげるこの5区で快走したのは、「この1年は三冠を目標にやってきた」という東洋大の今西だった。

  この区間を18分30秒でカバーし、区間賞を獲得。学生駅伝デビューとなった青山学院大・生方は終盤に疲れたものの、18分48秒で区間2位となり、最低限の走りは見せた。これで1位青山学院大と2位東洋大の差は27秒。楽な差ではないが、逆転も不可能ではない差になった。一方、東海大は3位に順位を上げたものの、差はさらに広がり1分23秒となった。

おすすめの記事