「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京マラソン史に足跡を残した歴代優勝者

2017 12/11 14:58hiiragi
東京マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回大会優勝天才ランナー新谷仁美選手

新谷仁美選手は1988年生まれ、岡山県の興譲館高等学校から2006年豊田自動織機に入社した。
高校時代から非凡な走りを見せ、3年連続出場となった全国高校女子駅伝では、3年間とも1区に起用され3年連続で区間賞を獲得した。高校3年の2005年には、興譲館高校を優勝に導いている。

東京マラソンには第1回大会の2007年に出場した。自身も初マラソンとなったこの大会で2時間31分01秒の走りを見せ、見事初代女王の座に輝いた。
当時まだ18歳で、高橋尚子選手の初マラソンより31秒も早い。マスコミはこぞって「Qちゃん2世」ともてはやした。
それに答えるように、2011年世界選手権5000m13位、2012年ロンドンオリンピック10000m9位、2013年世界選手権10000m5位と実績を残したが、2014年に足の故障で引退を表明した。

2009年大会優勝悲劇のランナー那須川瑞穂選手

那須川瑞穂選手は1979年生まれ、岩手県立花巻南高等学校を卒業して積水化学に入社した。
高校時代は全国高校女子駅伝に出場して、1区を走った実績を持っている。2004年の大阪国際女子マラソンが初マラソンだったが、2時間29分49秒のタイムで4位に入る上々の記録だった。

東京マラソンには2009年大会に出場して、自己ベストとなる2時間25分38秒でマラソン初優勝を飾った。2009年は北海道マラソンとシカゴマラソンにも出場して、いずれも7位の成績を残している。
2013年の世界選手権を目指して出場した2012年横浜国際女子マラソンでは、日本人トップの2位に入り、代表入り確定かと思われたが突如、代表枠が5枠から3枠に減り、世界選手権出場はならなかった。2017年に現役を引退している。

おすすめの記事