「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本が世界に誇るマラソン大会「東京マラソン」を解説

2017 7/10 10:25茶色野うさぎ
東京マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Khun Ta/Shutterstock.com

日本を代表する市民マラソン大会として発展を続ける東京マラソン。日本中のマラソン愛好家にとって夢のイベントとなっているが、競技者としてのランナーたちにとっても非常に重要な大会となっている。今回は、東京マラソンがどういう大会なのかを詳しく解説していく。

大規模市民マラソン大会としての東京マラソン

東京マラソンはもともと東京都で開催されていた「東京国際マラソン」「東京国際女子マラソン」「東京シティロードレース」という3つのマラソン大会を統合する形で、2007年に初めて開催された。
東京オリンピック構想のひとつの大きな目玉として構想され、市民参加型の巨大シティマラソンとしてニューヨーク、ボストン、ロンドンに匹敵する世界レベルのイベントとなっている。1回目となる2007年の大会では約3万人が参加、11回目となる2017年の大会では約3万6千人が参加している。

世界的ランナーも参加する東京マラソン

東京マラソンは市民マラソン大会ではあるが、エリートの部には世界のトップランナーが参加する。東京マラソンのコースは東京の観光名所を巡るように設定されてはいるものの、起伏や風の影響などもよく考慮されている。そのため国際陸上競技連盟が、世界記録を認定することができる優良なコースであるとして、ゴールドラベルを与えている。
また2013年には世界ランキングを集計するマラソンシリーズであるワールドマラソンメジャーズにも加入が認められ、名実ともに世界の主要なマラソン大会としての地位を確立。世界のトップランナーが続々と参加するようになっている。

おすすめの記事