「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子400m編

2017 5/15 09:56茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by nuwatchai srikrungplee/Shutterstock.com

高校生にとって最も大きなスポーツ大会であるインターハイ。 そこで活躍した選手たちのその後の活躍は気になりますよね。 今回はインターハイの男子400mで活躍した選手とその後の活躍にスポットを当てて紹介していきます。

男子400mという競技について

陸上の400mという競技は、短距離走の中では最も距離がある種目になっており、ダッシュ力だけでなく長い距離をスプリントし続ける能力やコーナリングなど、いろいろな部分が試される競技です。
日本では高野進さんの44秒78という記録がベストタイムとなっていますが、この記録は彼が30歳のシーズンに記録したもので、長い選手生活の中で走り方を研究していった結果生まれたものです。
比較的遅れているといわれる日本の短距離の分野も、指導法の改善などが進み、若い選手たちの活躍が期待されるようになってきました。それでは、インターハイで活躍した歴代選手たちを見てみましょう。

1996年インターハイで優勝・為末大さん(広島皆実高)

1996年の山梨インターハイで優勝したのが為末大さんです。侍ハードラーというイメージが強いですが、子供のころから足が速く、中学生の時にはすでに全国大会の100m、200mで優勝するなど実力は折り紙付きでした。インターハイでは3年の時に400mを46秒27で優勝、当時の日本ジュニア新記録を樹立しています。
その後は技術を生かせる400mハードルを中心に活躍、2001年には世界陸上に出場、日本の短距離界として初の銅メダル獲得という快挙を成し遂げました。2012年に引退してからは陸上競技の普及に努め、タレントや実業家として活躍。
また、2015年からはブータン王国の親善大使に就任して国際的な陸上の普及に努めています。

1997年インターハイで大活躍・山村貴彦さん(清風高)

1997年の京都インターハイで大活躍したのが山村貴彦さんでした。この年はほとんど敵なしといった感じで200m、400m、4×400mリレーの3つの種目で優勝、3冠を達成しました。
絶好調の山村さんは、その年の日本選手権でも高校生ながら優勝を果たし、一躍注目を集めます。大学生ではすでに世界と戦える存在へと成長し、2000年のシドニーオリンピックの代表にも選ばれます。そして同じ年のスーパー陸上で45秒03という日本歴代2位の記録をたたき出しました。
日本記録への期待が高まりましたが、ケガの影響もあり、その後は低迷して2009年に引退。城西大学附属城西中学・高校の教員兼陸上部顧問に就任し、若手の育成に尽力しています。

2004、2005インターハイ連覇・金丸祐三選手(大阪高)

2004年の島根、2005年の千葉とインターハイ2連覇を果たしたのが金丸祐三選手です。マイケル・ジョンソンさんに憧れて陸上を始めた彼でしたが、中学までは無名の存在でした。
高校入学後に急激にタイムが伸び、高2で47秒43のタイムで初優勝。高3の時には完全に開花し、46秒18の大会新記録で2連覇を飾りました。その年には日本選手権でも優勝したほか、スーパー陸上にも出場して45秒47という日本高校記録をたたき出すという大活躍でした。
大学在学中には45秒16という日本歴代4位のタイムをたたき出し、夢の44秒台に迫りました。また、2005年から2015年まで日本選手権11連覇という金字塔を打ち立てるなど、日本の第一人者として活躍を続けています。

2009、2010インターハイ連覇・山崎謙吾選手(埼玉栄高)

2009年の近畿、2010年の沖縄を制し、金丸祐三選手以来となるインターハイ連覇を達成したのが山崎謙吾選手です。名門埼玉栄高でめきめきと力をつけた彼は、高2で国体、インターハイ、日本ジュニアすべてで46秒台を出し、高校3冠に輝いて頭角を現します。高3では、タイムは振るわなかったものの、しっかり走ってインターハイ2連覇を達成しました。
大学在学中には自己ベストを46秒00まで伸ばし、4×400mリレーの日本代表にも選ばれるなどして経験を積むと、2013年の日本インカレで初優勝を飾りました。所属するモンテローザの陸上部廃部に伴い、2017年4月からヤマダ電機陸上部に入部しました。環境を変え、今後の飛躍が期待される選手です。

まとめ

インターハイの陸上400m走で活躍した歴代選手たちの当時の記録やその後の活躍を紹介してきました。 筋肉や心肺機能を目いっぱい使う400mという競技は身体的にも非常に厳しいものと推察されます。若い頃から400mに打ち込む高校生には頭が下がります。 世界と戦うという夢を持った選手たちを、今後も応援していきましょう!

関連記事

おすすめの記事