「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子400m編

2017 5/15 09:56茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by nuwatchai srikrungplee/Shutterstock.com

高校生にとって最も大きなスポーツ大会であるインターハイ。 そこで活躍した選手たちのその後の活躍は気になりますよね。 今回はインターハイの男子400mで活躍した選手とその後の活躍にスポットを当てて紹介していきます。

男子400mという競技について

陸上の400mという競技は、短距離走の中では最も距離がある種目になっており、ダッシュ力だけでなく長い距離をスプリントし続ける能力やコーナリングなど、いろいろな部分が試される競技です。
日本では高野進さんの44秒78という記録がベストタイムとなっていますが、この記録は彼が30歳のシーズンに記録したもので、長い選手生活の中で走り方を研究していった結果生まれたものです。
比較的遅れているといわれる日本の短距離の分野も、指導法の改善などが進み、若い選手たちの活躍が期待されるようになってきました。それでは、インターハイで活躍した歴代選手たちを見てみましょう。

1996年インターハイで優勝・為末大さん(広島皆実高)

1996年の山梨インターハイで優勝したのが為末大さんです。侍ハードラーというイメージが強いですが、子供のころから足が速く、中学生の時にはすでに全国大会の100m、200mで優勝するなど実力は折り紙付きでした。インターハイでは3年の時に400mを46秒27で優勝、当時の日本ジュニア新記録を樹立しています。
その後は技術を生かせる400mハードルを中心に活躍、2001年には世界陸上に出場、日本の短距離界として初の銅メダル獲得という快挙を成し遂げました。2012年に引退してからは陸上競技の普及に努め、タレントや実業家として活躍。
また、2015年からはブータン王国の親善大使に就任して国際的な陸上の普及に努めています。

おすすめの記事