「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイ陸上200mで活躍した歴代選手とその後の活躍を紹介

2017 5/15 09:56masumi
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 redstone/Shutterstock.com

インターハイは若いアスリートの目標となる大きな大会だ。 厳しい予選を勝ち抜いてインターハイに出場し、後に世界でも活躍する選手となった人も少なくない。 ここでは競技種目を200mに絞り、インターハイで活躍した歴代選手のその後を追って、進路や活躍ぶりなどを紹介する。

陸上競技の種目「200m」について

陸上競技の種目である「200m」は、通常トラック上でカーブ120mと直線80mを走る。スタート地点はカーブの途中に設けられ、走路はラインによって各レーンが区切られるセパレートコースだ。
200mのコースは内側と外側でカーブの大きさが異なり、内側になるほどコーナリングで受ける遠心力の影響が強くなるという特徴がある。200mは瞬間的な加速力はあまり必要とせず、高速でのコーナーリング技術や、スピードのコントロールと持続力などが重要とされている。
世界大会ではアフリカ系の選手が上位を占めることが多いだが、技術の向上などにより、筋力的に劣る日本人選手の活躍も期待されている。

日本歴代2位の記録保持者。飯塚翔太選手

飯塚翔太選手は、1991年に静岡県御前崎市で生まれ、藤枝明誠高校3年生の時に出場したインターハイ(2009年)で、静岡県の高校記録となる21秒01で優勝した。中央大学に進んだ2010年には日本学生個人選手権で優勝、関東インカレでは2011年まで2連覇している。
静岡国際では2013、2014、2016年と3回優勝し、日本選手権では2013年に優勝した後、2016年には日本歴代2位となる20秒11をマークして2度目の優勝に輝いた。2016年にはタイガートラッククラシックと全日本実業団選手権でも優勝している。
リレーでの活躍も多く、2013年の東アジア競技大会と2014年のアジア競技大会では金メダル、2016年のリオデジャネイロ五輪では銀メダルを獲得した。
中央大学を卒業した2014年にミズノに入社し、ミズノトラッククラブ所属の選手として活躍を続けている。

おすすめの記事