「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アーチェリーってどんな競技?オリンピックにおける基本ルールをご紹介

2017 4/12 12:06ユタロー
アーチェリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Carlos Caetano / Shutterstock, Inc.

日本の弓道とちょっと違うアーチェリーは、オリンピック種目の中でもファンの多い競技です。日本でも、山本選手や古川選手などのメダリストを輩出しており、注目度が高くなっています。今回は、知っているとアーチェリー競技観戦がもっと楽しくなる、アーチェリーの基本ルールをご紹介します。

アーチェリーとは?

アーチェリーという競技には、西洋版の弓道のようなイメージを持ってしまいがちですが、競技性としては若干変わってきます。弓道と比べるなら、得点制の競技と最も似ているのではないでしょうか。
洋式の弓と矢を用い、遠くにある的に向かって射抜きます。目標となる的は、その刺さった場所によって得ることができる得点が違います。個人戦と団体戦があり、最終的に得ることができた合計得点が最も大きい人、もしくはチームが勝ちとなります。

矢を射るターゲットフェイスとは

アーチェリーにおいて矢を射る目標のことを、ターゲットフェイスといいます。競技によって、ターゲットフェイスの大きさや選手が打つ距離というのが変わってきますが、オリンピックにおいては、アーチェリー競技のすべてにおいて122cmのサイズで統一されています。また、選手とターゲットフェイスまでの距離については、70mとされています。
ターゲットフェイスには、同心円状に9つのラインが刻まれており、ラインで区切られたエリアごとに得点が設定されています。もちろん、中心に行くほど点数が高く、最も中心の位置で10点、そこから点数が一つずつ下がっていき、一番外側では1点だけとなります。

おすすめの記事