「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

感動の金メダル!小原日登美選手の輝かしい功績

2016 12/9 21:03
レスリング(プロレスではない)
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.asahi.com

小原日登美選手は旧姓・坂本日登美選手。妹の坂本真喜子選手と共にレスリング姉妹として有名だ。一度は現役を引退したが現役復帰、2012年のロンドンオリンピックでは金メダルを獲得している。オリンピック後に引退を表明した小原選手のレスリング人生と、その輝かしい功績を紹介する。

レスリング小原日登美選手、姉妹でスタートしたレスリング人生

小原日登美選手は1981年1月4日生まれ、青森県八戸市出身だ。
幼少からレスリングに取り組み、1998年には全国高校生選手権の50kg級で優勝した。続く1999年全日本女子学生選手権の51kg級と、全日本選手権で優勝するなど目覚ましい活躍をみせる。
4歳下の真喜子選手は48kg級で活躍しており、レスリング坂本姉妹として一躍有名になる。2000年は世界選手権で優勝、翌年2001年は連覇を達成したが膝の負傷で一時試合からは遠ざかっていたが2004年に復帰した。

レスリング小原日登美選手に立ちはだかる階級の壁

復帰後も好調で、2005年にはアジア選手権と世界選手権では優勝、全日本選手権でも勝利を納めた。同年に自衛隊に入隊し、自衛隊体育学校に所属す。2006年と2007年の世界選手権で再び連覇を達成し、オリンピック出場が期待された。
しかしオリンピックでは所属する51kg級が実施されないため、階級変更を余儀なくされる。48kg級には真喜子選手がいるため、55kg級での出場を目指す。
しかし55kg級にはあの吉田沙保里選手が立ちはだかり、2007年の全日本選手権では完敗、世界選手権でも吉田選手が優勝したため小原選手の北京オリンピックの道は断たれてしまう。

おすすめの記事