「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レスリングのオリンピック出場資格を徹底調査!

2016 10/27 18:11
レスリング 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Diego Barbieri / Shutterstock.com

東京オリンピックが待ち遠しい方へ。オリンピックの出場資格についてもっと知りたい人のために、今回はレスリングのオリンピック出場資格を見ていきます。

レスリングはどうやってオリンピック選手が選ばれるの?

レスリングには、54kg級や74kg級など、選手の体重によって階級が細かく分かれています。オリンピック出場資格は、階級ごとに何名ずつと決まっています。2016年に行われるリオオリンピックでは、男女とも6階級に分かれており、男子は階級ごとに19名ずつ、女子は階級ごとに18名ずつ選出されます。
レスリングは階級によって代表選手が選ばれるので、階級の中でメダル争いがあります。同じ年のオリンピックでも、54kg級で金メダル、74kg級で金メダルと分かれています。

年齢制限や選考開始時期は?

出場資格は、オリンピックごとに異なり、正式な出場資格や選考基準が決まってから初めて選考開始となります。リオオリンピックでは、2016年末までに19歳以上に該当すれば出場資格の権利が得られました。2016年末までに19歳未満の場合、オリンピックに出場できないのかと言われると、そうではありません。
19歳未満の選手は、医師や保護者の承諾があれば参加することができます。年齢に関わる出場資格や選考基準が決定するのは、オリンピック開始の約2年前になります。

おすすめの記事