「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

準備万端?トライアスロンのウェアの選び方講座!

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel1964 / Shutterstock.com

トライアスロンは、「スイム」「バイク」「ラン」の3つの種目からなるスポーツです。 今回はそんなトライアスロンで知っておくべき、ウェアの選び方をわかりやすくご紹介します。

トライアスロンのウェアは基本3種目同じ物を使う

これは選び方の大前提になるのですが、トライアスロンのウェアというのは、基本的に「3種目とも同じものを使う」のが一般的です。現在は種類も機能もさまざまな製品が販売されており、3種目すべてをこなせるものがあるのです。それが「トライアスロンウェア」です。
着替えない分だけ、タイムも縮まりますし、何より楽ですよね。ですから、基本的には3種目通しで使えるものを買えば問題ないのです。ただ、これは参加するトライアスロン大会のルールによっても違いがあります。詳しくは次項以降をご覧ください。

注意!ルールによってはウェアが異なります

トライアスロン大会によっては、ルールによってウェアの可否があり、そもそも着替えの可否自体も違ってきます。特にスイムにおいては、「ウェットスーツ着用義務」のルールがあれば、そのルールに従わなければ参加できません。スイムでのウェットスーツ着用は、保温性・浮力の向上などのメリットもあります。
そして、「種目ごとに着替えたいなぁ」と思ったとしても、着替える場所があるかどうかというのも懸念事項です。これも大会によりけりですが、各種目のゴール地点に更衣室が用意されている場合と、されていない場合があるのです。 それらを考えると、やはり通しで着ることのできるトライアスロンウェアが一番良いということになります。ただ、次項からは種目別に着替えると仮定して、それぞれの種目に求められるウェアの機能性・選び方をご紹介します。

おすすめの記事