「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

九州のおすすめトライアスロン大会

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.triathlon-style.com

九州はトライアスロンとはなじみが深い場所です。 日本で初めてオリンピックディスタンスの大会が開催されたのが熊本県の天草でした。 そんな九州でトライアスロンに参加するのも、意味のあることではないでしょうか。 ここでは九州のおすすめトライアスロン大会をご紹介します。

オリンピックディスタンス発祥の地、天草宝島国際トライアスロン大会

日本で初めてオリンピックディスタンスによって行われた大会です。1985年の第1回から2014年の第30回まで毎年行われてきましたが、2015年は開催されませんでした。2年ぶりの開催を目指した2016年の第31回大会は、天草国際から天草宝島国際と名称も新たにして開催が予定されていましたが、熊本地震の影響で残念ながら中止になっています。
予定コースは、本渡海水浴場をスタートして大矢崎緑地公園までの51.5kmで、バイクは高低差30mほどのポイントはあるものの、比較的平坦な海岸沿いのコースを、ランは海岸線を外れた周回コースを走ります。

会場は国定公園、虹の松原トライアスロンin唐津

佐賀県唐津市の虹の松原周辺で行われる大会です。2016年大会は第17回大会として、第12回佐賀県選手権を兼ねて行われました。競技種目はオリンピックディスタンスの個人とリレーです。メイン会場の虹の松原は国定公園に指定されていて、日本三大松原のひとつです。
スイムは白い砂浜と青松をバックに東の浜海水浴場を周回、バイクは高低差のない直線コースを5往復、ランも高低差のないコースで、松浦川湖畔道路を通り湖畔公園を周回と、名勝を見ながらの高速レースが期待できます。

おすすめの記事