「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大会によって距離が異なる?耐久レースとしてのトライアスロン

2016 12/9 12:03
トライアスロン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel1964/ Shutterstock.com

泳ぐ(スイム)、漕ぐ(バイク)、走る(ラン)という3種類の異なる運動を連続して行う競技がトライアスロンです。 オリンピックの種目としても定着しており、国内外で活発に大会が開催され、競技人口も年々増加しています。 そこで、今回はトライアスロンの種類を紹介します。

ショートはオリンピックでも採用されているレースです

主に4つに分類され、距離によって呼び方が異なるトライアスロンの種類を説明します。 まず、「ショート」です。トライアスロンは2000年のシドニーオリンピックから正式種目に採用されていますが、オリンピックと同じ距離で行われるのがショートです。
スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmでトータル51.5kmの種目です。オリンピックのほか、ワールドカップでも採用されており、速い人なら2時間台の前半でゴールしますが、一般的には3~4時間です。国内の大会としては「石垣島トライアスロン」や「横浜国際トライアスロン」などが有名です。

ミドルの距離は大会によって柔軟性があります

「ミドル」はITU(国際トライアスロン連盟)が指針としているスイム2.5km、バイク80km、ラン20kmの合計102.5kmが基本ですが、大会によってはスイムを2kmと短くしてバイクの距離を100kmに伸ばすなど、距離を柔軟に設定している場合があります。
日本国内のミドルは「佐渡国際トライアスロン」「珠州トライアスロン」「徳之島トライアスロン」が代表的ですが、大会によって距離に違いがあります。概ね距離はショートのおよそ2倍なので、ゴールまでの時間はトップアスリートで4時間台です。

おすすめの記事