「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テコンドーにおける世界と日本、それぞれの有名選手とは?

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.taekwon-do.co.jp

テコンドーは発祥国である韓国の国技ですが、オリンピックの正式競技に採用されたことがきっかけとなり、世界中で競技者が増えました。 そこで、テコンドーにおいて実績を残した選手や、現在活躍中の有名な選手を、何人かピックアップして紹介します。

テコンドーのカリスマは全日本や世界大会を制覇した!黄秀一選手

テコンドーには主に2つの流派がありますが、日本の空手に近いのがITFという団体です。そのITFを支えてきたのが、日本生まれで在日韓国人選手の黄秀一氏です。
1980年代から90年代にかけて選手として活躍し、全日本大会で優勝を重ね、国際舞台では世界選手権で金メダル4、銀メダル1、銅メダル1という成績を収めました。軽快なステップと鋭い攻撃が魅力の無敵の選手として、韓国や日本ではカリスマ的な存在でした。
引退後は後進の育成に力を注ぎ、世界選手権で日本代表の監督を務めるなど、世界各地でテコンドーの普及活動を行っています。

アメリカのロペス一家は兄妹3人がオリンピックのメダリスト

テコンドーはITFの他にWTFという流派があり、こちらは2000年のシドニーオリンピックから正式競技となりました。アメリカのスティーブン・ロペス選手は、シドニー大会の68kg級で金メダルを獲得し、4年後のアテネ大会では80kg級に階級を上げて金メダル、北京大会でも80kg級で銅メダルという偉業を達成しました。
また、ロペス一家はテコンドー一家として有名で、スティーブン選手のほかに、弟のマーク選手が北京大会68kg級で銀メダル、妹のダイアナ選手が北京大会57kg級で銅メダルを獲得するなど、3兄妹がオリンピックのメダリストとなりました。

おすすめの記事