「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲は海外でも人気が急上昇。その実態に迫ります

2017 3/8 20:01kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

大相撲界には今や海外出身の力士が増えており、本場所では海外からの観光客の姿も目立つ。アマチュアの国際大会も国内外で数多く開催されるようになっており、相撲人気は世界に広がっている。大相撲と海外についてまとめた。

大相撲界では海外出身の力士も数多く活躍中

現在の大相撲界には外国出身の力士が増えており、出身国もモンゴルを筆頭にジョージア、中国、ロシア、エジプト、ブラジルなど正に世界各地域に広まっている。戦後初めて入門した外国人力士は、1964年初土俵を踏んだ米国籍の高見山関。その後ハワイ州から入門した曙関や武蔵丸関は横綱にまで上りつめた。
その後はモンゴル出身の力士が活躍し、現在も白鵬関、日馬富士関、鶴竜関の3横綱を含め、幕内だけで10人が在籍している。現在、外国人力士は幕内だけで全体の3割を超えている。

相撲は競技人口もファンも世界中で増加中

大相撲に外国出身の力士が増えたこともあり、相撲人気もグローバルになり、海外における相撲人口や相撲ファンも確実に広がっている。世界にはモンゴル相撲や韓国相撲など日本の相撲とは多少ルールが異なるものの似ている格闘技が存在している。
それらの競技者が相撲も愛好しているケースがあるので、一概には言えないところだが、相撲の競技人口は一説で10万人ぐらいと言われている。米国で2001年から開催されている国際大会には10カ国以上から50人を超える力士が参加。観客数も4000人を超える人気ぶりだ。

おすすめの記事