「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知っておきたい!大相撲の年寄株についてわかりやすく解説!

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Inked Pixels / Shutterstock.com

大相撲の年寄株。言葉だけは聞いたことがあるが、どのような仕組か知っている人は少ない。 今回は、少しわかりづらい年寄株について解説する。

大相撲には様々な歴史やルールがある

大相撲というのは、そもそも神事としての側面が強い競技だ。職業としての相撲の歴史が始まったのは江戸時代と言われており、数百年という長い歴史を持っている。日本の国技とされており、現代においても熱狂的なファンが多いスポーツだ。
神事として行われてきた背景上、他のスポーツにはない相撲独自の文化や風習も数多くある。今回ご紹介する年寄株にしても、相撲の世界にしかない文化と言われれている。
では、年寄株というのはいったいどのようなものなのだろうか?

年寄株とは

年寄株は、別名「年寄名跡」とも呼ばれており、日本相撲協会の中で年寄を襲名することができる権利のことを言う。
年寄になることで、現役引退後に相撲協会の中において、さまざまなことで優位に立つことができる。年寄株を持っていることにより、相撲協会の役員に選出されることができるようになるのだ。
相撲協会の役員になれば、これまで力士として相撲に関わってきたことを生かして、今後の相撲界を担う運営を行っていくことができる。また、年寄株を持っていないと、自分自身の相撲部屋を開くことができないので、現在相撲部屋を開いている人は全員が年寄株を持っているといえる。
ちなみに、年寄株を保有しているだけで年寄を襲名しないという選択も可能となっている。

おすすめの記事