「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

禁じ手について知っておくと大相撲が10倍楽しくなる

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

大相撲の禁じ手=反則負けについてどんなものがあるか知りたい人も多いと思う。 今回はそんな大相撲の禁じ手について詳しく紹介する。

そもそも禁じ手とは

禁じ手とは、言い換えると反則ワザのことだ。禁手(きんて)とも呼ばれている。
相撲のルールには以下のように定義されている。「立合いまたは取り組み中にくりだすことを禁じられている行為で、禁じ手を用いた場合は反則負けとなる」
禁じ手を行ったかどうかは、行司や審判委員によって判定される。
実際の取組み中に禁じ手によって反則負けになることは滅多にない。見たことないがゆえに、禁じ手の存在もあまり知られていない。

禁じ手の種類

大相撲の取り組みにはどのような禁じ手があるのだろうか?
さっそく紹介する。禁じ手は8つだ。


(1)握りこぶしで殴ること。
(2)髪の毛を故意につかむこと。
(3)目またはみぞおちなどの急所を突くこと。
(4)両耳を同時に両手で張ること。
(5)前立褌(前袋)をつかみ、または横から指を入れて引くこと。
(6)ノドをつかむこと。
(7)胸、腹を蹴上げること。
(8)手の一指または二指を折り返すこと。

出典: 大相撲応援部

おすすめの記事