「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【赤と青の男】英国で輝くスペイン人MFセスク・ファブレガス

2017 8/3 12:07dada
セスク・ファブレガス
このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な同僚に阻まれロンドンの赤へ

フランセスク・ファブレガス選手(以下、敬称略)は、「セスク」の愛称で知られるスペイン人MFだ。 育成に定評のあるFCバルセロナ(以下、バルセロナ)のカンテラで育った。同時期にはリオネル・メッシ選手やジェラール・ピケ選手らがいた。
2003年に行われたU17の世界大会では、ブラジル代表に敗れたもののスペイン代表は準優勝。セスク自身は得点王などの栄誉を勝ち取り、一気にその名を高めた。当然、バルセロナでの活躍も期待されていたが、この頃にはアンドレス・イニエスタ選手(以下、敬称略)とシャビ・エルナンデス選手(以下、敬称略)が同じポジションにいた。
彼ら2人はバルセロナにおいて非常に互換性に優れ、攻撃の構築に欠かせない選手だった。ここにセスクが付け入る隙はなく、ヴェンゲル監督(以下、敬称略)率いるアーセナルFC(以下、アーセナル)へ移ることとなる。
赤いユニフォームを身に纏い、彼のロンドンでの新たな生活が始まった。

ヴェンゲルが愛した中盤

アーセナルを指揮するヴェンゲルは、中盤でボールを上手く捌くことのできる選手を好む傾向にある。彼の攻撃そのものが、昔からの英国由来のカウンターサッカーではなく、パスサッカーを志向していたからだ。 アーセナルには、パトリック・ヴィエラ氏(以下、敬称略)やサミル・ナスリ選手、トマーシュ・ロシツキー選手らが所属していた。彼らはいずれもヴェンゲルにより見出された優れたMFだ。セスクも彼ら同様に、アーセナルに欠かせない存在となっていく。

アーセナルに加入したのは、2006-07シーズンのことだった。ヴィエラの背番号4を背負ったセスクは、チームの攻撃を組み立てていった。ロングパスもショートパスも、速く正確に味方に届けてることができ、ここぞという時はシャドーストライカーとして得点を狙っていった。パスが正確なのだから、シュートが正確でないわけがない。彼のシュートは強烈ではなくとも、スルスルとゴールに吸い込まれていくような力を持っていた。

スペイン代表ではトップの位置で起用されることもあるが、これは単にスペイン代表にストライカーが不足していたからということだけが理由ではない。彼の前線での試合を組み立てる能力と、得点力を見込んでのことだろう。

アーセナルのサポーターは、スペインからやってきたこのMFを大いに愛した。2007-08シーズンには17アシストでランキングトップ、さらにはキャプテンマークを任される選手にまで成長した。順応が難しいと言われるプレミアリーグへの挑戦は大成功だった。

おすすめの記事