「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

昨季の川崎Fは90分間攻守に隙なし 万全の補強で3連覇に挑む【時間帯別得失点から見るJ1】

2019 2/22 07:00SPAIA編集部
J1,2018年,時間帯別得点表
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

リーグ総得点の58.8%が試合後半

2018年のJ1の総得点数は813点。うち58.8%にあたる478点が後半に入ってからの得点だった。2年前に行った2010年から2017年途中にかけての調査が60.3%だったことを考えると、後半に得点が入りやすい傾向に変わりはないが、2018シーズンは若干だが得点の入る時間が早くなっている。

Jリーグの試合で得点が決まる時間帯をデータで分析



それでは、チームごとの時間帯別得失点はどうなっているのだろうか。 以下の図は90分を15分区切りで6分割し、チームごとの得失点量を明るさで表したものだ。一つの時間帯あたりの平均得点はリーグ平均を6で割って約7.5点となった。

J1,2018年,時間帯別得点表

ⒸSPAIA

J1,2018年,時間帯別失点表

ⒸSPAIA

図からはリーグ平均同様、ほとんどのチームで後半の得点が多いことが分かる。その中で最も多かったのは33得点をあげた川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌、名古屋グランパスの3チーム。どれも攻撃的なサッカーで主導権を握っていくチームだ。

この3チームに関して失点を見比べていくと、それぞれ異なる特徴が表れていた。

おすすめの記事